ここから本文です

使い勝手の良い言葉「インテンシティー」――誤った解釈から生じる危険

SOCCER DIGEST Web 8/16(火) 18:41配信

プレー強度=強い意志。それは“プレーの熱”ともいわれる。

 インテンシティー。

 昨今、この言葉は日本サッカー界で常用語になっている。前代表監督のアルベルト・ザッケローニが口にして以来、一気に普及していった。日本語では、「プレー強度」というのが対訳だろうか。

 しかし、その意味が適切に用いられているのか、甚だ疑問である。

 流布されているインテンシティーはほとんどの場合、「フィジカル・インテンシティー」だ。速く、長い距離を走る、コンタクトで負けない。しかし、それは走力であり、筋力と言えるだろう。身体的な能力である。

 ボールを激しく追い、人に厳しく当たる――。

 そればかりが語られるインテンシティーは、本来の意味のほんの枝葉であって、むしろ根幹からは外れている。

 7月29日にマインツ対セビージャというプレシーズンマッチが行なわれた。セビージャは試合を支配。マインツの選手がプレスに来ても、ボールを握って失わない。それによって相手をねじ込み、攻撃を繰り出し続けた(結果はセビージャが1-0で勝利)。

 これは早い話、インテンシティーで優ったわけである。

 インテンシティーとは、正しくはフィジカルだけを指すのではない。「プレー強度」全体を意味する。あえて訳すなら、意志の強さとも言えるだろうか。ボールを繋げる、ボールを運ぶ、ボールを渡さない、ボールを奪う――。

 それぞれの行為においての強度=強い意志(肉体的な躍動も含めた)にインテンシティーの本質はある。その点、高いスキルも意志によって後押しされるもので、それは“プレーの熱”ともいわれる。

 例えばバルセロナのパスゲームは、非常にインテンシティーが高い。練習でのロンドと呼ばれるボール回しは高速で、目が回るほど。パスの強度、コントロールするスキル、判断力と、どれも人並み外れている。そのプレー強度によって技術を高め、彼らは敵を凌駕しているのだ。

 トッププロは駆け引きによって、相手を心理的に消耗させる。逆手にとって裏を突いたりするのも、そのひとつだろう。その入り組んだやりとりにこそ、インテンシティーの核心はある。

1/2ページ

最終更新:8/16(火) 18:41

SOCCER DIGEST Web