ここから本文です

世界最長の「空飛ぶおしり」、はじめてのお出かけ

WIRED.jp 8/16(火) 11:10配信

8月6日(現地時間)、世界最長の航空機「Airlander 10」が、格納庫から初めて外に出た。年内に飛行実験を行うためだ。
Airlander 10は、英国のHybrid Air Vehicles(HAV)社によって開発された、飛行機と飛行船のハイブリッドだ。同日午前4時、イングランド東部のベッドフォードシャー州にある格納庫から慎重に外に出されたAirlander 10の高さは26m、全長は92m。現時点で世界最大の輸送機と言われる「An-225」(下記リンク先記事)の全長は84mなので、それより長いことになる。

【動画を見る】世界最大・ただ1機の輸送機「An-225」が離陸する瞬間。空飛ぶおしりは全長がこれより8m長い。

船体は炭素繊維とケブラー繊維などを使った特注素材製で、ヘリウムガスで膨らませて形状を保つ。ディーゼルエンジン4基を搭載しており、加速や離着陸に使われる。消費燃料は通常のジェット機と比べて20パーセントで済み、太陽光発電パネルを取り付けることも可能だ。

機体下部に格納される着陸装置を使って、陸地や砂地、水面や氷の上にも着陸できる。滑走路がいらないため、軍用や民生用のさまざまな用途に使えると期待されている。

HAV社によると、自動操縦(無人)の場合には2週間以上続けて飛行できる。人間が搭乗する場合は、最長5日間の空中滞在が可能と見込まれている。

Airlander 10の積載量は10トンで、Airlander 10という名称は積載量に由来する。Airlander 10が成功すれば、次は積載容量を5倍に高めたさらに大きな後継機「Airlander 50」の構想がある。

Airlander 10は、当初は米陸軍の偵察機としてHAV社が開発していた。2012年には、ニュージャージー州で初の飛行テストにも成功している。予算カットによって同プロジェクトは2013年に立ち消えになったが、その後英政府から340万ポンド(約6億2000万円)の補助金などを受けて復活している。

MATT BURGESS

最終更新:8/16(火) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。