ここから本文です

オーガニックタイ料理を食べるなら「Green Chili Restaurant」 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 8/16(火) 17:00配信

タイで食べる本場のタイ料理というと、砂糖たっぷり、塩分たっぷり、化学調味料もたっぷり、しかも肝心の野菜は農薬まみれ……!うわー!
なんてイメージを持つ方も多いかと思います。(言い過ぎ?)

実際、多くの屋台や食堂は上記のとおりだと思います。けれど旅先だからってジャンクすぎる食生活も気が引けますよね?

そんなみなさまに朗報です! 美味しくって、しかも自然派志向のタイ料理を提供しているお店があるんです! それも、意外や意外、チャトチャック・ウィークエンド・マーケットのなかにっ!

それがこちら、「Green Chili Restaurant」さんです!

行き方はとっても簡単! MRTガムペーンペット駅を降りて、2番出口を出ます。地上に出たら右へ、するとすぐにT字になるのでさらに右へ曲がります。

そのまま進めば、このグリーンに塗られたお店が出てきますよ~!

ガラスケースにおかずが並べられているので、食べたいものを指で指すだけ。お店の方がテーブルまで運んでくれます。
ちなみにご飯も赤米か白米かを選べるんですが、私が行った時間は、16時すぎだったので、ご飯もおかずもほとんど売り切れ状態でした。
このお店を狙って行くなら、午前中か午後早めの時間に行くことをおすすめします!

はいこちらが私のオーダーです。茶色っ。ついつい大好きな、たけのこ炒め煮(パッペッ・ムーマイ)と豚の角煮(ムー・パロー)を頼んでしまいました。皿も茶色いのに……。

このお皿も、土のお皿でかわいいですよね。普通タイ料理だとプラスチックが多いのですが、やはり随所にこだわりが感じられます。

肝心のお料理ですが、「No MSG」を謳っているとおり、化学調味料は一切使っておらず、白砂糖も使用していません。

で、そんなこと言ってるけど、味分かるの~?とお思いでしょうが、本当に他のタイ料理屋さんと全然違うの! すっごくマイルドで、実家の味(日本の田舎です)を思い出しそうになったくらい……というのは大げさですが、それほど優しい味なんです。
タイ人からしたらちょっと物足りなく感じるかもしれませんね。

自家農園で育てているというお米もとても美味しかったです。ひとりでペロリでした。お会計は2品で110バーツ(約350円)。

あーまたすぐ行かなくっちゃ! ぜひみなさんも行ってみてください。

● Green Chili Restaurant
住所:126 Chatuchak Market Section 2 Soi 38/3

最終更新:8/16(火) 17:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。