ここから本文です

セレーナ・ゴメス、元彼ジャスティン・ビーバーに忠告。「ガールフレンドの写真を投稿するのをやめたら(笑)」。

VOGUE JAPAN 2016/8/16(火) 23:00配信

セレーナ・ゴメス(24)が元恋人のジャスティン・ビーバー(22)に恋人との写真を投稿しないように忠告した。過去に計5年間に渡ってジャスティンと交際していたセレーナは、ジャスティンが投稿した写真に対する批判に耐えられないのであれば、現在の恋人でライオネル・リッチーの娘であるソフィア・リッチー(17)との写真を投稿するのを止めるように忠告すると共に、怒りをファンにぶつけないように促した。

セレーナ・ゴメスの関連フォトギャラリー。

ジャスティンが先日、投稿されたソフィアとの写真に対して批判的なコメントが寄せられていることを受け、「君たちが嫌悪コメントを止めないなら俺のインスタグラムはプライベートに設定するよ。手に負えなくなってきているからね。本当にファンなら俺の好きな人にそんな意地悪なことはしないはずだ」とインスタグラムの公開を止める可能性を示したことに対して、セレーナは「嫌悪に耐えられないのであればガールフレンドの写真を投稿するのをやめたら(笑)2人だけの特別なものであるべきでしょ。自分のファンに怒らないでね。彼らはあなたのことが大好きなんだから」と投稿した。

しかしジャスティンはこれに対して良い気がしなかったようで、セレーナが注目を浴びるために自分を利用しているとし、「人が注目を浴びるために俺利用して、さらにこういう形で何かを指摘しようとするなんておかしいよな。悲しいもんだ。嫌悪を受けているのは俺じゃない。みんなが俺の友達やお互いにも親切にしてくれることを願っているよ。それにもちろん、俺はビリーバーのことが大好きだよ」とコメントした。

一方のセレーナもこれに反応するかのように、自身のアカウントにファンと交流している写真を投稿して、「私の生活のすべてにおいてあなた達が一番大事。私に大好きなことを毎日させてくれてありがとう」とファン達に感謝のコメントを送っている。

Text by Bangshowbiz

最終更新:2016/8/16(火) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年2月号
2016年12月27日発売

700円(税込み)

ステラ・マックスウェルなど注目モデル15人が表紙&ファッションストーリーに登場
特別付録は、エミリオ・プッチのスターバックスカード