ここから本文です

マーベル対DC、「興行収入バトル」を制するのはどっちだ?

WIRED.jp 8/16(火) 11:14配信

30年前は、スーパーマンやバットマンといったDCコミックスのキャラクターたちが映画館を席巻し、マーベル・コミックのスーパーヒーローたちはチャンスをつかむことができなかった。

だが2016年のいま、マーベルのさまざまなヒーローたちが同じ世界を共有する実写映画化シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニヴァース」は、スター・ウォーズや007のような人気シリーズさえも上回る、史上最も稼いだシリーズ作品となっている。

だからといって、マーベルが永遠にトップの座に居座れるとは限らない。DCコミックスは、マーベル・シネマティック・ユニヴァースを引きずり下ろすべくスーパーヒーローものの映画を大量に制作中だ。それに、アメコミ原作映画が、映画ファンに完全にそっぽを向かれる可能性だって常にある(スティーヴン・スピルバーグは、西部劇が廃れたようにスーパーヒーロー映画もいずれ廃れると思っているという)。

だが、ヒーロー映画が廃れることがなければ、作品をつくるための題材は十分にある。マーベルとDCコミックスを合わせると、約1万7000のキャラクターがいるのだ。これだけキャラクターがいれば、マーベルとDCは今後3400年にわたって競い続けることができるだろう。

ぜひ下記関連記事より「ストップモーションの動画」で、興行収入におけるスーパーヒーロー対決を見てほしい。

ANGELA WATERCUTTER

最終更新:8/16(火) 11:14

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。