ここから本文です

【MLB】イチロー、主砲離脱で「第4の外野手」の出番増? A-ROD側否定も、マ軍緊急補強か昇格を模索

ベースボールチャンネル 8/16(火) 17:00配信

スタントン絶望で緊急補強へ

 マーリンズ・イチローを巡る周辺が騒がしい。主砲で正右翼手のジャンカルロ・スタントンが左股関節痛で離脱し、今季中の復帰が絶望的に。代役としてレギュラー右翼手に抜てきされ、現地15日まで2試合連続スタメン出場を果たした。

 その一方で、スタントン離脱の穴を埋めるべく、チームはアストロズから戦力外となったカルロス・ゴメスの獲得に動くという。ドミニカ共和国出身で30歳のゴメスは、右打ちの外野手。通算234盗塁の俊足を生かした守備範囲と強肩には定評がある。今季は打率.210、5本塁打と不振でアストロズの40人枠から外れたが、獲得すれば左打ちのイチローと相手投手の左右に合わせてのプラトーン起用となる公算が高い。

 一連の流れには、ヤンキースを退団したアレックス・ロドリゲスの動向が絡んでいる。当初、マーリンズ首脳陣はスタントンに代わる右打ちの大砲として、ロドリゲスを獲得候補に考えていた。

 14日にはマイケル・ヒル編成本部長が米メディアに対し「獲得が可能なのかどうか、調査はしている。あらゆる可能性は否定しない」とAロッド獲りへ前向きともとれる発言をし、全米で一斉に報じられていた。

A-RODの今季加入の可能性はゼロ

 ところが一夜明けた15日、今度はロドリゲス陣営がマーリンズ移籍の可能性を完全否定した。引退表明後、米メディアは一貫してロドリゲスの現役続行の噂を追い続け、マーリンズ移籍が最有力プランに挙げられていた。そんな報道先行の現状を嫌い、噂を打ち消すためにロドリゲスの広報担当が声明を出した。

「アレックスが今季中にどこか別のチームでプレーするという話が出ているが、これらはもう終わりにさせたい。そんなことは起こらない」とロン・バーコウィッツ氏が発表した。同氏は「彼が金曜日(12日)の夜に話したように、彼は幸せな気持ちでいる。今はのんびりと、家族や友人との時間を過ごす時だ」と噂の火消しに務めた。

「今季中」としたところは突っ込みどころかもしれないが、いずれにせよワイルドカード獲得に奔走する16年のマーリンズに加わる芽は消えた。

 ロドリゲス加入となれば、DH制のないナ・リーグでは一塁手を任される見込みだった。球団の公式HPでは「マッティングリー監督は8月31日のウエーバーを経てのトレード期限まで、戦力補強を探る構えをみせた。カルロス・ゴメスが有力候補。もしくはマイナーからハビアー・スクラッグスを昇格させるかもしれない」と伝えた。スクラッグスは今季傘下3Aニューオーリンズで19本塁打48打点の28歳の右打ちで、右翼と一塁を守ることができる。

 スタントンという大きすぎる穴を埋めるための、マーリンズの次の一手はどうなるのか。その最後のピース次第で、イチローの起用法にも大きな影響を及ぼしそうだ。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/16(火) 17:00

ベースボールチャンネル