ここから本文です

ポドルスキがドイツ代表引退を表明。レーヴ監督もこれまでの献身に感謝

フットボールチャンネル 8/16(火) 7:20配信

 現在トルコ1部のガラタサライに所属するルーカス・ポドルスキがドイツ代表からの引退を表明した。ドイツサッカー連盟が発表している。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ポーランド生まれながら2歳でドイツに移住し、ケルンの下部組織で育成されたポドルスキ。世代別代表は生まれ故郷ではないドイツを選択し、2004年に18歳でA代表から初招集を受けると同年夏のEUROにも出場した。

 すぐドイツ代表に定着したポドルスキは10年以上にわたって同国の主力として活躍して通算129試合48得点という記録を残した。その間にW杯3度、EUROには4度出場するなど数々のビッグトーナメントを経験し、2014年のブラジルW杯優勝にも貢献している。

 同年代ですでに代表引退を表明しているバスティアン・シュバインシュタイガーやフィリップ・ラーム、ペア・メルテザッカーらとともにドイツ代表で一時代を築いたポドルスキにはヨアヒム・レーヴ監督も感謝を述べた。

「私がコーチになってから、非常に長い時間共に過ごしてきた彼を祝福したい。ポルディ(ポドルスキの愛称)はチームがうまくいっていない時も常に責任あるプレーをしてきた。彼の忠誠心や献身、チームにもたらした笑顔や喜びには感謝しかない」

 レーヴ監督はポドルスキがアーセナルやインテルで苦しい時を過ごしていても、その実力を信じて招集し続け10番としてプレーする機会を与えた。まさに恩師と言える存在に最高の形で送り出されている。

 昨季ガラタサライで13得点を挙げて復活を印象付けたストライカーはクラブでのプレーに集中し、もう一花咲かせることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/16(火) 7:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。