ここから本文です

優香 出席者は20人…質素な“地味婚”に賢妻ぶりを褒める声

女性自身 8/16(火) 6:03配信

 今年6月に青木崇高(36)との結婚を発表した優香(36)。7月27日には明治神宮で挙式したが、出席したのは親族ら20人程度。事前告知もほとんどしない、芸能人らしからぬ”地味婚”だった。

「当日は挙式だけで、披露宴も行わなかったそうです。実は明治神宮で挙式だけ行う場合、費用も10万円台に抑えることができるんです。”格式高いのにコスパもいい”として、若い新婚夫婦からも人気があるそうです」(前出・芸能関係者)

 挙式当日は青木が袴で優香が白むく姿。参拝に訪れた外国人観光客らからカメラを向けられる一幕もあった。

「夫の青木はバックパッカーをしていたこともあるアウトドア派。基本的にあまり派手なことを好まず、あくまで『自分たちが楽しければどう見られようが構わない』というスタンスです。いっぽう優香さんは理想の結婚式への憧れが強いタイプでしたが、夫の好みを優先したのかもしれません」(プロダクション関係者)
 
だがそんな夫を立てる”地味婚”には、妻・優香の深慮も見え隠れするという。スポーツ紙記者が語る。

「質素な披露宴を行ったことに対して、彼女の賢妻ぶりを褒める声が出てきています。夫との姿を露出させず、“幸せ妻”アピールもあえて封印。妻の存在感をなくして夫のイメージも守る。そうすることで、逆に評価を高める結果を生んでいるともいえますね」

最終更新:8/16(火) 6:03

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。