ここから本文です

【8月16日~18日セ・パ第34節展望】首位広島と好調の阪神、どちらが勝ち越すか

ベースボールチャンネル 8/16(火) 18:44配信

<セリーグ>

5位・ヤクルト(6勝)- 3位・DeNA(11勝) 神宮

 8月に入って勝ち越しが続くヤクルトは、ホームでDeNAを迎え撃ち、CS争いに食い込みたい。初戦の先発は、石川が上がる。通算150勝にリーチをかけながら足踏みが続いているが、前回登板で7回1失点の好投を見せた。ホームでの試合だけに、そろそろ決めたい。2、3戦目先発予定の小川と杉浦は前回登板で久々の勝利を挙げた。いいピッチングを続けたい。打線の方は俄然、好調だ。1番に入った坂口がこの5試合は5割をマーク。新・3番の西浦、谷内、西田と若い力が台頭し、飛車角抜きの打線を元気づけている。主力が復帰する前に、少しでも上位との差を詰めたい。

 DeNAは上位を追いかけたいどころか、この2節は負け越してしまった。ヤクルトは今後、争う好敵手になる可能性があるだけに、叩いておきたい。初戦の先発は久保康が上がる。前回登板は6回5失点とやや苦しんだ。疲れが見えてくるころだけに踏ん張りたいところだ。2戦目は山口、3戦目はぺトリックか。山口が完封を含む3勝と、得意にしているヤクルト戦なだけに優位性を生かしたい。打線の方は調子がそう落ちているわけではないが、ややつながりを欠いている。前節、調子がよかった宮崎、飛雄馬あたりで打開したい。


4位・阪神(6勝)- 1位・広島(15勝)  京セラドーム2連戦

 阪神は前節、最下位中日に3連勝を飾り、前週に続く首位・広島との対戦になる。2連戦の日程を、能見、藤浪で乗り切る予定だ。能見は前週、捕手・坂本とのコンビで7回途中まで好投を見せた。もともと、得意としている広島だけに、今週も続けたい。一方の藤浪は前週、好投しながら、自らのミスで逆転負けを喫したので立て直したい。打線の方は前節、「1番・遊撃手・北條」がここ5試合5割と活躍を見せている。4番福留の調子もいいだけに、1番打者としてたくさんチャンスメークしたい。

 広島は一時期の不調から脱し、2節連続で勝ち越したが、2位・巨人との差は6.5と縮められている。初戦の先発はジョンソンが上がる。前週も同カードに先発し、阪神打線を相手に6回3失点にまとめた。球数が多かったのがやや気になるところだが、ゲームは作ってくれるはずだ。2戦目は福井か。前回は能見に投げ負けたが、藤浪相手にどんなピッチングをするのだろうか。打線の方はエルドレッドが復帰して即本塁打を放った。湿りがちの打線に、彼がどんな影響を与えていくか楽しみだ。


6位・中日(8勝1分)- 2位・巨人(5勝1分) ナゴヤドーム

 5連敗中とどん底状態の中日は、対戦成績の良い巨人相手に調子を取り戻すことができるだろうか。初戦の先発は吉見が上がる。前回登板は7回1失点(自責0)と好投した。勝ち星がつかなかったが、先週、唯一の1勝に貢献した。今節もゲームを作っていきたいところだ。打線は4番のビシエドが故障離脱した。今季は大味の試合が多かったが、いかに本来の守り勝つ野球に切り替えられるかだろう。少ない好機を生かして、失点を少なくする展開に持ち込みたい。

 一方の巨人は、菅野が先発に復帰。前節は負け越しただけに、エースの復帰でいい流れに変えていきたい。菅野は今季中日戦未勝利だが、もともと不得手な相手ではない。ここでの1勝を皮切りに流れに乗りたいところ。内海、田口が後に控えるだけに、一つも落としたくはない。打線の方は、連敗中はなかなか繋ぐことができずにいたが、14日の試合では長野、坂本、阿部と主力勢がそろい踏みで複数安打をマークした。今節も期待できるだろう。最下位の中日との今節は一気の3連勝を飾りたい。

1/2ページ

最終更新:8/16(火) 19:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ