ここから本文です

逆風のアーセナルにさらなる悲報… ラムジーが左太もも裏を痛め全治1カ月の離脱へ

Football ZONE web 8/16(火) 14:17配信

躍進が期待されるアタッカー 第4節での復帰を目指す

 リバプールとの開幕戦に3-4と敗れたアーセナルにさらなる悲報が舞い込んだ。ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーがリバプール戦で左太もも裏を故障し、全治1カ月の離脱となる可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

スペイン紙女性記者が厳選! EUROの「セクシーイレブン」

 ラムジーは14日のリバプール戦にトップ下で先発したが、後半16分に太ももを痛めて交代。次節レスター戦と第3節ワトフォード戦、さらに9月5日に行われるウェールズ代表の2018年ロシア・ワールドカップ予選モルドバ戦の欠場が確定した。アーセナルは9月10日の第4節サウサンプトン戦での復帰を見込んでいるという。

 ラムジーは6月の欧州選手権で、レアル・マドリードFWギャレス・ベイルとともにウェールズ4強進出の立役者となった。大会ベストイレブンにも選出され、「ランボー」の異名を持つアタッカーには今季の躍進に期待が集まっていた。

 アーセナルにとってはDFペア・メルテザッカーとDFガブリエウのセンターバックコンビと、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーに続く離脱者となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/16(火) 14:17

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革