ここから本文です

レスターの心臓部が崩壊危機… 昨季プレミア制覇のダイナモコンビが“完全流出”か

Football ZONE web 8/16(火) 22:41配信

ドリンクウォーターが契約延長を拒否と英紙報じる カンテに続き移籍か

 昨季プレミアリーグを初制覇した日本代表FW岡崎慎司所属のレスター・シティが、中盤のダイナモを失う危機に瀕している。英紙「ザ・サン」は、MFダニー・ドリンクウォーターが契約延長を拒否したと報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 現行の契約は2018年6月までとなっているが、レスターは週給8万ポンド(約1040万円)の契約延長オファーを提示したという。しかし、選手サイドの返答は「ノー」であったと報じられ、その背景にはトットナムによる強い獲得への興味があるとされている。

 昨季プレミア制覇を成し遂げたレスターは、この夏の移籍市場で主力選手が大量に流出するのではないかと危惧されていた。実際に、昨季ボランチで大ブレークを果たしたフランス代表MFエンゴロ・カンテはチェルシーへ移籍。エースのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは残留を果たしたものの、一時はアーセナルへの移籍で合意に達していた。アルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、移籍市場が閉じるまで去就が不安定な状況にある。

 そうしたなかで、なんとか戦力を保持してきたレスターだが、ドリンクウォーターが離脱となればプレミア制覇を成し遂げたチームの心臓部が完全に流出することになる。クラブは前述のように昇給による引き留めを図っているが、その将来は不透明だ。

 リーグ開幕戦では昇格組のハル・シティに敗れ、前シーズンのプレミア優勝チームとしては史上初となる黒星スタートとなったレスターだが、頭を悩ませる要素が新たに浮上してしまったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/16(火) 22:41

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。