ここから本文です

ペップ、古巣バルサの正守護神を22億円で引き抜きへ。功労者ハートは第3GKに

フットボールチャンネル 8/16(火) 17:49配信

 マンチェスター・シティはまもなくバルセロナの正守護神獲得を成立させるようだ。16日、英紙『デイリー・メール』が報じている。

【動画】パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 今季よりジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティは同指揮官の古巣であるバルセロナの正守護神GKクラウディオ・ブラーボの獲得に迫っている。移籍金1700万ポンド(約22億円)で4年契約でまもなく交渉を終えるようだ。

 これにより近年6シーズンに渡ってシティの正守護神を務めてきたイングランド代表GKジョー・ハートは一転して第3GKとなるとみられている。プレミアリーグ第1節ではグアルディオラ監督はハートではなくGKウィリー・カバジェロを起用した。

 ハートは待遇の変化から今夏の電撃退団も予想されている。グアルディオラ監督によるシティ改革は大きな注目を集めそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/16(火) 18:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。