ここから本文です

ピルロ、英紙の”エアインタビュー”に反論「ポグバについて話していない」

フットボールチャンネル 8/16(火) 22:00配信

 英紙『デイリー・メール』は13日、ポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍について元チームメイトのアンドレア・ピルロが語ったとされる言葉を掲載した。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 その内容は「ポグバがユベントスでの最初の練習を終えた後、選手たちは笑っていた」「練習の後ロッカールームへ戻るために歩きながら、ジャンルイジ・ブッフォンがこう言ったのを覚えている。『彼は本当にフリーで来たのか?』ってね」など、ポグバを称えつつユナイテッドを揶揄するようなものだった。

「僕らはマンチェスター・ユナイテッドのような大きさのクラブがフリーで放出した選手が素晴らしい能力を持っていることに対して懐疑的だったから、それ(ポグバの才能が予想以上だったこと)以外の理由では笑っていなかった。ユベントスは今でも笑っているんじゃないかな」

 タダで放出した選手を史上最高額の移籍金で買い戻したユナイテッドをバカにしたような発言をいくつも取り上げられたピルロは、自身のインスタグラムを更新し、これらの言葉が捏造されたものだと反論している。

「これだけは明らかにしておきたい。僕はポグバとマンチェスター(・ユナイテッド)に関して、『デイリー・メール』紙からいかなる取材を受けたこともない」

 現在アメリカでプレーするピルロは自らの言葉で報道された事実無根の発言を否定した。この反論を受けてか、『デイリー・メール』紙は該当する発言が載った記事をウェブ版のサイトから削除している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/16(火) 22:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。