ここから本文です

リバプール、ベンテケへの39億円オファーを拒否。宙ぶらりん状態に

フットボールチャンネル 8/16(火) 22:40配信

 リバプールはユルゲン・クロップ監督の構想外になり移籍先を探しているクリスティアン・ベンテケに対して提示された高額オファーを拒否した。地元紙『リバプール・エコー』が報じている。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 ベルギー代表としてEUROにも出場したベンテケだが、絶え間ないハードワークとスピードを要求されるクロップ監督のスタイルに馴染めずチームの構想から外れている。そのため移籍先を探していた。

 そこに目をつけたプレミアリーグの中堅クリスタル・パレスが移籍金3000万ポンド(約39億円)のオファーをリバプールに提示したようだが、拒否されている。理由はオファーの内容が2300万ポンド(約30億円)にボーナスをつけて最大で3000万ポンドになる契約だったためとされている。

 クリスタル・パレスはエバートンへ移籍したヤニック・ボラシーの売却益をそのままベンテケ獲得に投資しようとしていたものの失敗に終わってしまった。リバプール側はボーナスを含まず移籍金3000万ポンドで放出することを望んでいる。

 それでもアストン・ヴィラから獲得した際の移籍金よりは低く、利益は出ない。ベンテケは元々ブレンダン・ロジャース監督時代からパス志向の強いチームに馴染めないのではないかと危惧されていたがその通りになってしまい、現在ではかつてのような爆発力が鳴りを潜めている。

 同じく戦力外のマリオ・バロテッリとともに宙ぶらりん状態になってしまったベンテケ。リバプールにとっても余剰戦力の整理は急務で、残り時間が少なくなってきた移籍市場での立ち回りが注目される。

フットボールチャンネル

最終更新:8/16(火) 23:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。