ここから本文です

世界報道写真入賞作「ささやくクジラたち」を撮った人類学者 - Q.サカマキ Instagramフォトグラファーズ

ニューズウィーク日本版 8/16(火) 12:14配信

<2016年世界報道写真コンテストのネイチャー部門で入賞した上の写真を撮ったのは、メキシコの社会人類学者アニュアー・パットハネ。なぜ人類学者がこれほど優れた海洋写真を撮れるのだろうか?>

 人類学と写真ほど似通っているものはないかもしれない。目的論的に言えばどちらもその核となるのは、人間と、それに絡む環境、社会、文化についての探求である。その探求を通して、いったい人間とは何であるかを追い求めているのだ。そのためか、時として人類学をバッググラウンドに持つ優れた写真家に出会う。今回紹介するメキシコの社会人類学者アニュアー・パットハネもその一人だ。

 水中写真、海洋写真を中心にインスタグラムで作品を発表している。ソニーの小型カメラ(Sony Cyber-shot DSC-RX100)を使ってメキシコのレビジャヒヘド諸島海域で撮影した作品「ささやくクジラたち」は、今年のワールド・プレス・フォト(世界報道写真コンテスト)のネイチャー部門シングル(単写真)に入賞している。水面下で太陽光がつくり出す幻想的な光を巧みに捉え、その中でザトウクジラの母親と生まれたばかりの子クジラとが戯れて泳いでいる白黒写真だ(冒頭の写真)。

 海に興味を持ち、ダイビングを始めるようになったのは、自らもダイビングをしていた海洋生物学者の母親の影響らしい。そして、ダイビングの世界を知れば知るほどその魅力にはまっていったという。写真の方はというと、大学で文化人類学を専攻していた22 歳の頃、フォトドキュメンタリーのコースを取ったことがきっかけだ。だが、水中撮影に本格的に興味を持ち出したのは、わずか4年前、2012年のガラパゴス諸島でのダイビングからである。

Exploring the depths of Plataforma Tiburon, an abandoned oil pumping platform in the Mexican gulf near Tamiahua, Mexico. Anuar Patjane Floriukさん(@anuarpatjane)が投稿した写真 - 2016 5月 25 6:42午前 PDT 「メキシコ湾に廃棄された石油リグ」




#greatwhite #shark #camouflage taken near #guadalupe island in #mexico Anuar Patjane Floriukさん(@anuarpatjane)が投稿した写真 - 2015 11月 30 12:18午後 PST 「グアダルーペ島近海のホホジロザメ」


Time to dive! off to Isla del coco in Costa Rica, hopefully some good photos soon and great dives ahead :) Good friend @alfsuar chilling out in the gorgeous depths of Cabo Pulmo, México Anuar Patjane Floriukさん(@anuarpatjane)が投稿した写真 - 2016 7月 13 2:54午後 PDT 「コスタリカのココ島近海で」


 海洋環境の現実と未来に向けたその保護を意識し、美しいだけでなく、挑発的、あるいは触発的な写真を撮るよう心がけているという。それは人類学者の目を持ち、またそう訓練されてきた写真家としての行動であるようだ。彼に言わせれば、人類学の分野では、メッセージを伝えるために、自らフォトドキュメンタリーの写真家やフォトジャーナリストになることは、かなり一般的であるらしい。

 とはいえ、彼の写真は、はじめに答えありき、答えのみが先行しがちな活動家的な写真家のそれではまったくない。光の芸術家としての力量が備わっており、むしろそちらの方が際立っている。だからこそ、ヴィジュアル的にも問題意識的にも、インパクトがより伝わってくるのかもしれない。

今回ご紹介したInstagramフォトグラファー:
Anuar Patjane Floriuk @anuarpatjane

Clipperton island, a memorable one. A place that used to be full of sharks and tuna but now there is not much left because of overfishing, specially by the mexican tuna industry. Always know where your food comes from. #Clipperton #clippertonisland #clippertonproject Anuar Patjane Floriukさん(@anuarpatjane)が投稿した写真 - 2016 1月 12 5:04午後 PST 「メキシコ沖フランス領、クリッパートン島。かつてはマグロ、サメ漁で栄えたが、乱獲で現在はすたれてしまっている」

Q.サカマキ

最終更新:8/16(火) 12:14

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)