ここから本文です

9年連続3ツ星獲得の総料理長が 満を持して浅草に新店をオープン!

CREA WEB 8/16(火) 12:01配信

時おり通る屋形船、そびえるスカイツリー

 総料理長をつとめた恵比寿シャトーレストラン「ジョエル・ロブション」で、9年連続して3ツ星を獲得。日仏ともに認める、まさにフレンチ界のトップシェフが渡辺雄一郎さん。

 昨年秋に「ジョエル・ロブション」を勇退されたあと、いつ新しいお店を出すのだろう、次は何をしてくれるのだろうと、みんながうずうずして待っていました。

 そしてついに2016年7月7日、浅草駒形に「ナベノイズム」という名のフレンチをオープンさせるとの情報が。

 なぜ浅草? ちょっと変わった店名から想像すると、ストレートなフレンチとも違うの? コース2万というからには高級店です。ついに下町にグランメゾンの誕生か!? 

 いろいろ想像を巡らせて、浅草駅から、屋形船の宿あり、麦とろの名店ありという隅田川沿いを歩きました。そしてついに、小さく光る店を発見! 

 ちょうどシェフがオープン前に店の前をチェックしているところで、「どうぞどうぞ」とドアを開けて、中へと案内してくれました。というわけで、エントランスの写真は撮れず(笑)。

 テーマカラーは元気が出そうなオレンジ色です。

 店に入ると正面が厨房で、誰もがまずここを目にすることになります。特別に入れてもらうと、オレンジ色のキッチンタイマーなど、ここにもテーマカラーがアクセントとして使われていて可愛い。

 シェフの足元を見れば、オレンジ色のニューバランスのスニーカー。あっ、ナベノイズムの「N」マークだ! 

 店の造りが素敵です。一階は厨房のみで、メインダイニングは2階と3階。2階には、隅田川に飛び出したテラス席があり、3階には窓に向かってカウンター席が。

 ここに座ると、正面には川、眼下には2階のテラス席が見えます。そして4階もあります。ここにはテーブルは置いていませんが、広めのテラスになっていて、出てみると想像以上にいい眺め。

 時おり通る屋形船、そびえるスカイツリー。うっとり風に吹かれていると、「セーヌ川とエッフェル塔ですよ」とすかさずシェフの一言が。なるほど……。シェフは昔から水辺と縁があるそうで、この場所が気に入った理由の一つでもあるそうです。

1/2ページ

最終更新:8/16(火) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。