ここから本文です

ペットボトル温灸術をする前に……準備と当て方

NHKテキストビュー 8/16(火) 8:00配信

誰でも簡単に、安全にできるのが「ペットボトル温灸術」の良いところ。そのポイントは、ペットボトルをちょうどいい温度にすること。そして正しい当て方をすることです。まずは使用するペットボトルの選び方と当て方を鍼灸師の若林理砂(わかばやし・りさ)さんに教わります。(医学監修:福田千晶)



* * *


■ペットボトルの準備


「ペットボトル温灸術」とは、お湯を入れたペットボトルをいくつかのツボに順番に当てることで、冷え症をはじめ、さまざまな症状を改善に導くものです。お湯の温度は60~70℃。適切な温度にするためのポイントをあげます。
 











■注ぎ方


常温の水100mlと沸騰直前の湯(大きな泡が立つ手前。約95℃)200mlを耐熱性の計量カップに入れる。カップからペットボトルに注ぎ、ふたをしっかり締める。

 
■ペットボトルの当て方


ペットボトルをツボに当てる際も、ルールがあります。長く当てたり、5回以上当てたりすると、刺激が強すぎて逆効果。ほぼすべてのメソッドに共通する当て方の基本をマスターしましょう。



ツボのあたりにペットボトルを当てる。当たる面が広いので、おおよその位置でOK。衣服の上からではなく、肌に直接当てること。





熱いと感じるまで当てて、いったん離す。これを3、4回繰り返す。





■『NHKまる得マガジン 夏冷えにサヨナラ! ペットボトル温灸術』より

NHK出版

最終更新:8/16(火) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

NHKテキストビューの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。