ここから本文です

年上男・年下女の「年の差婚」苦労しそうなことTOP10

R25 8/17(水) 7:00配信

年下の可愛い女性と結婚する――男なら周りに自慢したくなる状況だろう。しかし、年齢差があまりに大きいと、話題や価値観にいろいろなジェネレーションギャップがありそうな気も…。そこで今回は、20~30代の未婚会社員男性300人にアンケートを行い、「年下女性との『年の差婚』で“苦労しそう”なこと」を挙げてもらった。

●年下女性との「年の差婚」で、苦労しそうなことTOP10
(10の項目から1~3位を選択、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 年齢・世代が違うため話が合わない 478pt
2位 妻と一緒に行動すると疲れてしまう 220pt
3位 夫婦(性)生活で妻を満足させられない 197pt
4位 食事の好みのズレ(硬さ、脂身等) 186pt
5位 妻の友達との付き合い 152pt
6位 妻の浮気が不安(若い男にとられるのではないかと思ってしまう) 124pt
7位 妻の親との付き合い 123pt
8位 介護してもらうことに負い目を感じそう 122pt
9位 容姿が釣り合わない(親子に間違えられる) 86pt
10位 妻に甘えられない 48pt

2位に大差をつけて「話が合わない」が1位に。2~3歳程度の差でも、子供の頃に見ていたテレビや漫画、遊んだゲームの話が合わなかったりすることもあるため、多くの人が真っ先に想像した項目となった。また、2位、3位には、加齢による体力の衰えを危惧する項目がランクイン。では、各項目へのコメントを見てみよう。

【1位 年齢・世代が違うため話が合わない 478pt】
「若い人の話には付いていけなそう」(32歳)
「話は同世代じゃないと合わないと思うから」(33歳)
「見ているテレビ等が違っているのではないかと思う」(38歳)

【2位 妻と一緒に行動すると疲れてしまう 220pt】
「疲れるでしょう」(30歳)
「だんだん辛くなりそう」(31歳)
「体力の問題があると思うからです」(34歳)

【3位 夫婦(性)生活で妻を満足させられない 197pt】
「体力が落ちるからです」(25歳)
「40代になるとキツそう」(30歳)
「使い物にならなくなりそう」(39歳)

【4位 食事の好みのズレ(硬さ、脂身等) 186pt】
「食事の好みがずれるのは耐えられない」(28歳)
「大人になって食の好みが変わったので 年が離れていると顕著になるかなと思った」(30歳)
「食事は年代によって変化するものだと思うから」(33歳)

【5位 妻の友達との付き合い 152pt】
「時代の話についていけなそう」(34歳)
「話し相手にならなそう」(36歳)
「気苦労が多そうだから」(37歳)

【6位 妻の浮気が不安(若い男にとられるのではないかと思ってしまう) 124pt】
「自分のほうが老けてくるのが早いので、若い男にとられそうと思ってしまう」(36歳)
「一時の感情だけで、時間がたつと飽きられてしまいそうな気がするから」(37歳)

【7位 妻の親との付き合い 123pt】
「下手すると親が同い年か、近い感じになってしまうのは厳しい」(25歳)
「(自分より)年下の場合、どう接したら良いのか分からない」(32歳)

【8位 介護してもらうことに負い目を感じそう 122pt】
「妻は若いのに自分が年老いていることが辛くなりそう」(32歳)
「あんまり相手に、こういうことで苦労はかけたくないと思う」(39歳)

【9位 容姿が釣り合わない(親子に間違えられる) 86pt】
「外出した時に人の目を気にしてしまう」(37歳)

【10位 妻に甘えられない 48pt】
「甘えられるだけで甘えられなそう」(38歳)

自分と妻との関係を不安に思う声もあるが、妻の友達、親、外出時の周りの人など、周囲の目が気になるというコメントも多い。確かに、周りから「親子ですか?」と言われてしまったらショックを受けてしまいそう…。

なお、「年下女性との結婚に憧れはあるか」を聞いてみたところ、

●年齢の離れた年下女性との結婚に憧れる気持ちはある?

「ある」39.3%
「ない」60.7%

前述にあるような不安があるためか、「憧れない」が6割と多数派に。年の差ゆえの問題を危惧するゆえかもしれないが、年齢関係なく、フィーリングの合う女性と出会いたい…というのが未婚男性の本音だろう。

(吉田良雄)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/17(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。