ここから本文です

存在知らない人も… 「スクリーンセーバー」もう不要!?

R25 8/17(水) 7:00配信

大手掲示板・2ちゃんねるで、“スクリーンセーバー不要論”について意見が交わされた。不要だという声のほか、懐かしむ声なども投稿されていたが、確かに最近、スクリーンセーバーを設定しているパソコンはあまり見かけない気がする。

スクリーンセーバーとは、長時間パソコンを操作しなかった場合に画面に表示されるアニメーションなどのこと。もともとは、ブラウン管のディスプレイで発生しがちだった、同じ画像を長時間表示していると画面にその跡が残ってしまう「焼きつき」現象を防ぐためのもの。しかし液晶画面が主流になり、技術の改良で「焼きつき」はほとんど起こらなくなった。

そのため、美しい風景やお気に入りのキャラクターを設定して“癒やし”やエンターテインメントを求める人、離席中のメッセージなどに活用する人、離席時に作業中の画面を保護するセキュリティ目的で利用する人など、徐々にスクリーンセーバーの役割が変化しているようだ。ただし、今では放っておくと“スリープモード”になり、スリープ解除の際にはパスワードを設定できるPCも多いことから、セキュリティ対策としても衰退しているのは確か。

Twitterにはこれまでにも、

「もうスクリーンセーバーって何のためにあるのか」
「もはやスクリーンセーバーが表示されるだけでレトロを感じる」
「僕より1個か2個下の世代になると、話題振ると『スクリーンセーバーって何?』って真顔で返されるのが辛い」

など、今となってはスクリーンセーバーの存在意義がわからないというユーザーや、そもそもスクリーンセーバーを知らない若者がいることを報告するユーザーの声が多数見受けられる。また、このほど2ちゃんねるで不要論が言及されたことを受けて、

「物理的なセービングという目的はもはや不要になったしなぁ.セキリュティ面でのセービングとしては有用だけども」
「まぁ確かに、画面の電源落ちる仕様にすれば要らんかなとパソコン修理屋ですら思う
m9( ; ゜Д゜)つ<クソいらねぇwwwwwwwwwwwwwww」
「消費電力増えるし液晶の電源落とせばいいだけだから実際要らないゾ」

と、“不要”を唱えるユーザーの声がTwitterでも投稿された。

とはいえ、まだまだパソコンに標準搭載されているスクリーンセーバー。果たして今、設定している人は、どのくらいいるのだろうか。
(花賀 太)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/17(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。