ここから本文です

Twitter発の美少女“りーめろ先輩”こと莉音を直撃!

Smartザテレビジョン 8/17(水) 6:02配信

昨年の「avexサンシャイングラビアオーディション」でグランプリに輝いた莉音。実はデビュー前から“りーめろ先輩”のニックネームで自撮り写真をTwitterに投稿し、「完璧なかわいさ!」「二次元の世界から飛び出してきたみたい!」などと注目を集め、既に6万人ものフォロワーを集めていた美少女だ。

【写真を見る】得意の自撮り写真は、現在も毎日のように公開中。「実は丸顔なので、顎のラインをシャープに見せるのがコツ」だとか

ことし1月の「ナカイの窓」(日本テレビ系)を皮切りに数々のバラエティー番組に出演、今ではフォロワー10万人以上を誇る彼女に、デビューに至ったいきさつや人気急上昇中の現在の心境を聞いた。

――そもそも、avexのオーディションに応募したきっかけは?

たまたまいい写真が撮れたので、ダメモトで…(笑)。どうせすぐに落とされるだろうなと思ってたので、本当に軽い気持ちで応募したんです。

――ところが、いざふたを開けてみれば、どんどん審査を勝ち進んでいって、ついにグランプリを獲得。

ビビっちゃいましたね! 最後の最後まで、私がグランプリをいただけるなんて思ってもいなかったので。

――でも、さすがに最終審査のころは、手応えはあったのでは?

いえいえ、全然! だって他の出場者は皆さん、しっかり上手に自己アピールをしてるんですよ。そんな中、私は結局「特技は炭酸水の一気飲みです」の一言で終わっちゃって。

――実際に一気飲みするわけでもなく?

そうなんです。炭酸水を持っていってすらなかった(笑)。

――その後、モデルとしてデビューを果たしました。

それまで撮影といえば、自撮りばっかりだったので、モデルとしてカメラマンの方に撮られることに、初めは少し戸惑いがありました。でも、今は人に撮ってもらうことがすごく楽しい。いろいろな方に、いろいろな写真を撮っていただいて、自分の新たな面を見せていけたらと思っています。

――「新たな面」といえば、8月31日(水)放送の「死幣」(TBSほか)で、テレビドラマに初めて出演されますね。

ありがとうございます! せりふはほとんどなかったんですけど、やっぱりカメラの前で演技するっていうのは難しくて。でも、すごく貴重な経験になりました。

女優のお仕事は、できればこれからもどんどんチャレンジしていきたいです。今回は制服の役だったので、次は大人の役をやってみたいなって思いますね。例えば…不倫ものとか? って今、思い付きで言っちゃいましたけど。

――外見から、大人しくて物静かな子なのかなと想像していたんですが、結構お喋りなんですね(笑)。

アハハハ! そうなんですよ。こんなふうに思い付くまま喋っちゃって、いつも後悔するんですよね(笑)。

最終更新:8/17(水) 6:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。