ここから本文です

離婚経験者4人に1人「結婚直後には別れる予感」

R25 8/17(水) 7:00配信

厚生労働省の発表では、2015年の離婚件数は22万6198組。2002年に過去最高の28万9836組を記録して以来、年々減少しているものの、ひと昔前より離婚自体が珍しくなくなったのは間違いないだろう。

離婚理由は、千差万別。いろいろな事情があるのだろうが、経験者たちはいつから離婚を意識していたのだろうか? 20~40代の離婚経験者100人(男女各50人)にアンケート調査を行った(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈「もしかして離婚するかも…」と初めて予感したのはいつ?〉

・結婚する前 7.0%
・結婚の準備中 10.0%
・結婚直後 9.0%
・結婚して数カ月経った時 20.0%
・結婚して数年経った時 43.0%
・相手から離婚を突きつけられて初めて気づいた 11.0%

ボリュームゾーンは「結婚して数カ月経った時」と「結婚して数年経った時」の2つ。しかし、驚くべきことに「結婚する前」「結婚の準備中」「結婚直後」という結婚前ないし結婚して間もない時には4人に1人以上が将来の離婚を予感していたという。

ちなみに、男女差はどうだろう? 女性の方が“勘が良い”と言われるが…。男女別で集計したところ、以下のような結果になった。

■男性
・結婚する前 6.0%(3人)
・結婚の準備中 12.0%(6人)
・結婚直後 8.0%(4人)
・結婚して数カ月経った時 16.0%(8人)
・結婚して数年経った時 46.0%(23人)
・相手から離婚を突きつけられて初めて気づいた 12.0%(6人)

■女性
・結婚する前 8.0%(4人)
・結婚の準備中 8.0%(4人)
・結婚直後 10.0%(5人)
・結婚して数カ月経った時 24.0%(12人)
・結婚して数年経った時 40.0%(20人)
・相手から離婚を突きつけられて初めて気づいた 10.0%(5人)

「結婚して数カ月経った時」と回答した人数は女性が若干多いが、大きな数字の差はそれほどない。相手との別れを予感する時期に、男女にそれほど大きな差はないようだ。

次に気になるのは、どんなことが引き金になり、離婚を予感するに至ったのか。回答者に、初めて離婚が頭をよぎった当時を振り返って教えてもらった。

■「結婚する前」と回答した人の声
「正直、まだ結婚したいと思っていなかったから」(37歳/男性)
「中学生時代からの20年の付き合いだったのですが、 結婚前に一度裏切られたことがあったので」(45歳/女性)

■「結婚の準備中」と回答した人の声
「相手の振る舞いを見て、『ああ、長続きしないな』と思った」(31歳/女性)
「自分の両親や家族に対してのリスペクトを感じなかった」(47歳/男性)

■「結婚直後」と回答した人の声
「ウソが多くなったのと感情がなくなったと言われた」(33歳/男性)
「新婚旅行で突然の雨で私の折り畳み傘を取り上げてそのせいで私が高熱で寝込んでも知らんぷりした。まだ妊娠もしてないのに子供の教育について人前で激怒した」(46歳/女性)

■「結婚して数カ月経った時」と回答した人の声
「旦那さんが、自分の意見や気持ちを受け止めずに適当に流すことが続く中で、自分の存在意義が分からなくなっていった」(33歳/女性)
「クレジットカードを持っているのがわかり、何か隠し事があるように感じた」(33歳/女性)
「いつかは、この人は居なくなるなぁと感じた」(47歳/男性)

■「結婚して数年経った時」と回答した人の声
「子供を欲しかったが、相手が望まなかったため」(37歳/女性)
「二人で一緒の部屋にいられなくて、夫が昼夜逆転生活をした」(40歳/女性)
「自分が自宅にいることを嫌がるようになったとき」(47歳/男性)
「元嫁が間男との××写真をSDカードで隠し持っていて、それをたまたま見てしまった瞬間」(47歳/男性)

■「相手から離婚を突きつけられて初めて気づいた」と回答した人の声
「私がいない時に離婚届を書いて置かれていて、そのまま家出されたので気がつかない! 突然すぎて何が起こったのか理解できなかった」(38歳/女性)
「ある平日の朝、元妻が置き手紙を座敷に置き、居なくなっていた。その手紙を読み、離婚を前提に別居すべく実家へ戻ると書かれてあった。それまで、お互いに性行為等もしており、何の前触れもなく家出され、ただ驚くばかりだった。やがて、離婚に同意せねば家庭裁判所に離婚調停を申立てる旨、内容証明郵便が私あてに届いた」(46歳/男性)

実に生々しいエピソードの数々。読んでいるこちらの胸が締め付けられる。コメントからは、心のすれ違いや性格の不一致から離婚に至ってしまうことが多いことが読み取れる。離婚してしまうことはしょうがないかもしれないが、しないにこしたことはないはず。未婚者、既婚者問わず、“先人たち”の経験をしっかり参考にしてほしい。

(千川 武)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/17(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。