ここから本文です

武井咲と福原愛も ティファニーオープンハート人気再燃

NEWS ポストセブン 8/17(水) 16:00配信

「TIFFANY&Co.」の鮮やかな水色の箱を開けると、オープンハートのネックレスがキラリと輝いて──。バブル真っ盛りのクリスマス。ティファニー・銀座三越店には男性客が殺到、幾重もの列ができた。お目当てはもちろん“オープンハート”。買えなかった人には彼女への言い訳として「売り切れ証明書」まで発行された。女性にとっては「ひとつはもらっておかないと」いけないアイテムで、当時はダントツで人気プレゼントの1位だった。

 あれから30年近く経った今、少し黒ずんだ「オープンハート」が甘酸っぱい思い出とともにたんすの奥深くに眠っているという人も少なくないはず。そのティファニー、オープンハートの人気が再燃。今、超品薄の状況だという。

「特別なジュエリーをひとつ身につけるだけで、女は笑顔になれる、自信が持てるんだって確信したから、今の自分がいるんです」と言う武井咲(22才)は火つけ役のひとり。ティファニー全面協力のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)に出演中で、ティファニー社の広報担当の役どころ。滝沢秀明(34才)演じる副社長との禁断愛を見せているが、よく身につけているのがオープンハートのネックレスやピアス。20~30代女性から「かわいい」と大評判だ。

 リオ五輪、熱戦を繰り広げた卓球の福原愛選手(27才)の胸元で踊っていたのもコレ。ティファニーは創設180年になるアメリカの老舗ブランド。映画『ティファニーで朝食を』(1961年)をきっかけに日本でも火がついた。オープンハートが初お目見えしたのは1970年代。バブル期の超絶人気を経て、今回は3度目の人気再燃だという。

「日本でも1970年代に流行したんです。50~60代の女性も持っていたというかたは多い。バブル時もそうですが、昔はクリスマスや誕生日に男性がプレゼントするのが主流でした。今は自分へのご褒美や恋のお守りとして、自腹で買う女性が多いようです」(ファッションジャーナリストの高橋佳子さん)

 2年前に発表された新しい「Tコレクション」というラインも大人女性に人気が高いという。今、特に注目されているのがオープンハートシリーズのフープピアスという新商品。

「ドラマで武井さんが着用して以来大人気です。予想をはるかに上回る売れ行きで、都内では全店品切れが続いています」(ファッション関係者)

 オープンハートを愛用する武井と愛ちゃんが絶賛熱愛中というのも人気を後押し。「値段もバレるし、時代も感じる、身につけるのがちょっと恥ずかしい」と、バブル世代が遠ざけていたオープンハート。もう一度…。

※女性セブン2016年9月1日号

最終更新:8/17(水) 16:00

NEWS ポストセブン