ここから本文です

いまどきの大学生に暇人はレア 少人数教室増え代返も困難

NEWS ポストセブン 8/17(水) 16:00配信

 夏休みを利用して、大学が受験生に学校を解放して中味を知ってもらう「オープンキャンパス」が開かれている。だがそれだけではなかなかわからない大学生の実像とはなにか。むしろ保護者世代こそ、知らねばならない事実をコラムニストのオバタカズユキ氏が指摘する。

 * * *
 夏休みも後半戦。接客に気合いを入れ直しているのは行楽地の業者ばかりじゃない。オープンキャンパスを開催中の大学も受験生サービスに必死だ。

 なにしろ全国の私立大学の約4割が定員割れをおこしている時代である。18歳人口の減少で、大学経営の悪化が一気に顕在化する「2018年問題」を目前に、どこの大学も目を吊り上げている。

 エンタメ要素を詰め込んだ体験授業で来客に楽しんでもらおうとするのは基本形。中には、入場者に1000円の図書カード進呈などという大学もある。どれだけ打つ手がなくなっているのかよくわかる。

 そんなオープンキャンパスで見ることができるのは、当然のことながら素顔の大学ではない。だから、毎春刊行の『大学図鑑!』では、大学見学はできるだけ平日に行こう、ふだんのキャンパスを覗こう、と提唱してきた。自分に合った大学に進みたいなら、高校を休んでもそうする価値があると思うのだが、実践のハードルは少し高いかもしれない。

 そこで、みんなが普通に行く夏のオープンキャンパスの利用の仕方をひとつ提案したい。この行事のいいところは、在学生が受験生やその保護者などの相手をする、個別のQ&Aの機会を設けてくれるところだ。オープンキャンパスでの個人面談は面接試験でもなんでもないので、聞きたいことを遠慮なく聞けばいい。

 私が受験生ならば、是非ぶつけてみたいのは、「みなさん、やっぱり忙しいですか?」という質問だ。学生自身の一日の典型的なタイムスケジュールを聞き出したい。

 というのも、毎年、「忙しい大学生がやたら多い」と実感させられているからである。「大学生活=暇たっぷり」というのは保護者世代の昔話だ。もちろん、大学差、学部・学科差、個人差は大きいのだけれど、総じて、学生たちはバタバタしている。サークル部室でぼけーっと暇つぶしをしている学生さん、といった姿はレアになってきている。

1/3ページ

最終更新:8/17(水) 16:00

NEWS ポストセブン