ここから本文です

生田斗真もショック「SMAPのことを考えてしまう日々」

Smartザテレビジョン 8/17(水) 19:22配信

宮藤官九郎が作、いのうえひでのりが演出を手掛ける「2016年劇団☆新感線夏秋興行SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』」の東京公演が本日より、赤坂ACTシアターで開催される。

【写真を見る】平安時代からスタートする舞台。小池のオーバーリアクションが観客の笑いを誘う

本番前の記者会見では、主演を務める生田斗真、小池栄子、中村倫也、神山智洋(ジャニーズWEST)が登場した。生田に対して小池は「気配りができる人。私が舞台稽古で転んだときも心配して声を掛けてくれました」と大絶賛。事務所の後輩である神山は生田について「最初は緊張しましたが、今ではすっかり打ち解けました。舞台で僕が演じるセクシーシーンでは、『お尻をもっと突き出したら』とアドバイスをもらいました。ちょっと変態なのかなと思います」と“先輩イジリ”を展開。生田は舞台メンバーに食事をご馳走することもあるなど、懐の深さを披露した。

記者団から、生田にとって大先輩となるSMAP解散報道について話が及ぶと「SMAPのファンなので、すごく寂しいです。報道があった日から時が止まった感じがします。SMAPのことを考えてしまう日々です。SMAPのみなさんがいなかったら自分はいません。日本の芸能界で前人未到の地にいる方です」と感慨深くコメント。同じく事務所の後輩の神山は「僕が生まれる前から活躍している方たちですし、報道で知ったときは声を出して驚きました。ジャニーズ事務所を、芸能界を代表するアイドルグループだと思う」と思いを語った。

本作は、生田斗真が平安時代から生き続けるヴァンパイアでありながら、ビジュアル系ロックバンドに扮するなど、ド派手で賑やかなエンターテインメント作品になっている。

最終更新:8/17(水) 19:23

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。