ここから本文です

悪女役を好演中の伊藤歩「深雪のこと嫌いにならないで」

Smartザテレビジョン 8/17(水) 20:31配信

毎週木曜放送中の「営業部長 吉良奈津子」(夜10:00-10:54フジテレビ系)で、主人公・奈津子(松嶋菜々子)の夫・浩太郎(原田泰造)を誘惑するベビーシッターの深雪を演じている伊藤歩が、ママ限定トークイベントに出席した。

【写真を見る】9月1日放送の第7話で登場する深雪の衣装で現れた伊藤

同ドラマは、広告代理店の売れっ子クリエーティブディレクターだった奈津子が、育児休暇を経て3年ぶりに職場復帰したことをきっかけに、仕事と家庭を両立させるため奮闘していく姿を描く。

伊藤は、奈津子が仕事で多忙のため、家庭に手が回らなくなったことがきっかけで雇われたベビーシッター。息子・壮太(高橋幸之助)の面倒を見る一方、浩太郎を誘惑するという役柄。イベントには、奈津子と同じく職場と家庭で日々奮闘するママたちが招かれ、「ママが選んだ心にささった名シーン」を映像で振り返りながらのトークが行われた。

7話で登場する深雪の衣装で現れた伊藤は、ミステリアスな役柄を演じているが、「(自分自身とは)全然違いますね。自分の今の仕事すごい大好きで、今後もいろいろチャレンジしたいこともあるので、どちらかという私自身の人生は吉良さんタイプで、仕事にまい進するタイプ。性格もあんなにおとなしくないし(笑)」と話した。

また、伊藤は「皆さん怖いですよね、私(深雪)が出てくるとゾッとすると思うんですけど、日本中で誰も彼女のことを好きだという人はいないと思うので、せめて私だけは深雪を好きでいてあげたいと思って演じています」と悪女役を演じる上で心掛けていることを明かした。

伊藤は、主演の松嶋との現場エピソードを「撮影しながら塾に通わせたりと、いろいろやりくりされていたと知って、本当に吉良奈津子そのままというか、家庭があることは大変なことなので、本当に尊敬しています」と語った。

会場のママさんの質問に答えるコーナーでは、「時間が無い中でも行っている健康法や美容法は?」という質問に、伊藤は「逆立ち」と答え、「常に重力を浴びている状態から、逆立ちをすることによって、ちょっとリフトアップするので」と理由を説明した。

その他にも「基本的にアクティブで運動好き」という伊藤はリフレッシュする際「スキューバダイビングや素潜りなどマリンスポーツをよくします」と“アクティブ”な一面を見せると、ママさんたちからは「え~!」と驚きの声が。「水深12mくらいまでは泳ぎますね」と明かし、会場をどよめかせていた。

最後に伊藤は「吉良さんが仕事と家庭の両立をどのように切り抜けて、サバイバルしていくかが見どころだと思います。深雪のことも嫌いにならないでください(笑)」と視聴者にメッセージを送った。

最終更新:8/17(水) 20:31

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。