ここから本文です

神奈川発・GPS機能で女性の居場所を把握、携帯25台と下着240点をゲットした男の素性

週刊女性PRIME 8/17(水) 11:00配信

 7月下旬、神奈川県警大和署と県警捜査3課は、大和市に住む無職・加藤隆博被告(40)を窃盗、ひったくりの容疑で追送検したと発表。

 これは昨年9月下旬、帰宅途中に歩きスマホをしていた20代女性のスマホ、パスモなどを盗んだというもの。

 同じマンションに住む主婦は「えっ、このマンションの方がスマホを盗んで逮捕? 女性の私生活をのぞき見していたの? 初めて聞きました。変態というか、気持ち悪い話ですね」と嫌悪感を抱く。同被告は今年4月、建造物侵入容疑で逮捕、送検されていた。

「警察が家宅捜索したところ、勤務先から携帯電話25台と女性の下着およそ240点が発見されたんです。大和市周辺では、一昨年から今年にかけて、女性のスマホばかりを狙った事件が10数件あって、警察は被告との関連も調べているようです」(社会部記者)

 被告は、犯行の動機を、

「若い女性の私生活に興味があって、携帯電話をのぞき見して楽しみたかったから」

 と供述。確かにスマホには個人情報が満載だ。被告はどんな人物なのか。11階建ての自宅マンションを訪ねると、

「ここは8年前にできた3LDK70平方メートルほどの分譲マンションで当時の値段は3000万円前後。いずれもファミリータイプで、ひとりで住んでいる人はほとんどいないと思いますよ」と住人。

 約110世帯もある大規模マンションでオートロック。住人20人以上に尋ねたが、被告のことを知る人は誰ひとりいなかった。親と同居の独身か、妻子がいて職場に盗んだものを隠したのか、その生活ぶりはまったく見えてこない。

 被害女性の母親が、犯行時の様子を教えてくれた。

「娘が午前0時ごろ、自宅の近くの路地で歩きスマホしてたら、後ろから自転車で来てスマホを奪われたって言うんです。きっと前からつけられていたのね。一瞬のことですし、暗闇ですから」

 そのときは人相まではわからなかったようだ。

 さらに、

「それは"怖かった"と言ってました。勇気を出して追いかけようとしたけど、追いつかなかったからすぐに警察に被害届を出したそうです。娘のスマホのGPSなどから居場所が特定できたみたいです。あとから動機を知って"気持ち悪い"と言ってました」

 まさしく女の敵である。

最終更新:8/17(水) 11:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。