ここから本文です

フィフィ SNS上で誹謗中傷するユーザーに苦言「私はどんどんブロックしていきますよ」

週刊女性PRIME 8/17(水) 22:00配信

熱愛報道に加え、三代目 J Soul Brothersの登坂広臣との交際を匂わせる言動がSNSを通して見受けられたとして、タレントのローラのInstagramが炎上。一部ユーザーをブロックしたことについて「さっき傷付いちゃってブロックしちゃったの。ごめんね。もうしないからね」と謝罪する一幕も見られた。自身もTwitterでブロックすることが多いフィフィは、芸能人とSNSの関係についてどのように捉えているのだろか。

芸能人には「権力」があるわけではない

 ローラさんの件に限らず、最近では男性スターの熱愛が発覚したとき、ファンの女性たちは、交際相手の女性に攻撃の矛先を向けるケースが多く見受けられますよね。今回は、その流れを受けてローラさんのInstagramが炎上してしまったみたいだけど、彼女はSNS上のコメント欄に寄せられた誹謗中傷の数々をひとりで受け止めることになってしまいました。

 そもそも、芸能人のSNSアカウントって勝手にフォロワーが増えてしまうんです。そんななかで、何人もの心無い匿名ユーザーから悪口だったり、いわれのない中傷を一方的に受けているときって、私たちからしてみれば袋叩きをされているような状態なんですよ。なぜならば相手が見えないから。

 政府機関だったり議員さんたちは、税金をもらって働いていますし、人から選ばれています。そして、世の中の制度を変えるだけの「権力」を持っているから、そんな彼らの言動に対して一般市民が不正を糾弾する手段としてSNSを使って抗議するのはアリだと思います。そして、彼らにはそれを受け入れる義務だったり、説明責任があると思うんです。

 ただし、政治家さんと同じく影響力があるからといって、タレントにその義務を課すのは違います。私たちタレントは、制度やルールを変える立場にないのですから、自由に発言したところで、それらの権限をもつ側と同じ責任を負う必要はないのです。

 タレントが社会問題や事件について自由に発言したことに対して、それが影響力を持つからといって「慎重に発言すべきだ」と非難するのは間違っています。タレントの発言に影響される側のリテラシーの問題ですから。

 応援するも勝手、嫌いになるのも勝手、私たちは人気商売ですから人気がなくなればフェイドアウトしていく、タレントはそれを自覚して活動しています。

 だから、タレントが心無いコメントを寄せたユーザーをブロックするのもまた自由です。ローラさんはブロックしたことまで責められ、謝っていましたけど、謝る必要なんてありませんよ。後ろめたさを感じずブロックしたらいいんですよ。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 22:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ