ここから本文です

この夏ブームの“ホラ活” 怪談師が語る怖い話「揺れ始めた母親の首は……」

週刊女性PRIME 8/17(水) 12:00配信

 この夏、“ホラ活”なる言葉が巷を賑わしている。

「“ホラ活”とは、ホラー映画や小説、恐怖体験などで恐怖を味わい、ストレスを発散する活動のことです。涼しくなれる“ホラ活”は夏にピッタリ。開催中の『お化け屋敷電車』には女性やファミリーが殺到しています。そもそもホラー好きの女性はとても多い。われわれはそんな女性を“ホラ女”と呼んでいます」

 こう語るのは“ホラ活”を提唱する怪談蒐集家の寺井広樹さん。この夏は、銚子電鉄とのコラボで『お化け屋敷電車』の企画・演出も担当した。

 というわけで週刊女性でも、暑さも吹き飛ぶ怖い話を怪談師の西浦和也さんに聞いてみた。



 ある女性に聞いた話。

 その女性は社会人になってすぐ、妹と2人、木造の古いアパートに住み始めた。部屋では“ポルターガイスト現象”がよく起きた。夜中に学習机のイスが動く。そのままキィ、キィと音を立てて回る。流しのほうから水の流れる音がする。夜中に寝ていると、ひもスイッチ式蛍光灯がバチンとつくこともあった。

 姉妹は大家にクレームを入れた。この部屋はきっと忌まわしい過去があるはず。だからこんな現象が起きるのではないか、と。だが過去、その部屋で問題が起きたことはないという。

 そもそも社会人になりたての彼女がなぜ、まだ高校生の妹と2人で暮らしていたのか。それにはこんな理由があった。

 姉妹の父親はひどい酒乱であり、DV男だった。母親を殴り、蹴る。その横で幼い2人は泣くことしかできなかった。やがて、見かねた親戚たちが父親を追い出す形で、両親は離婚した。

 保険外交員をしていた母親は、生活が苦しくなると、やがて水商売に転職した。その疲れかストレスか、日に日に人柄が変わっていった母親は、ついには娘たちに手をあげるようになった。彼女が学校から帰宅すると、妹が顔を腫らしている。そんな日々が続いた。

“家を出よう!”──そう決めた彼女は、高校卒業と同時に家を出た。自分を置いていくな、と泣いて訴えた妹も一緒だった。母親には行方も連絡先も、何も告げることはなかった。唯一、世話になった叔母にだけは、そっと居所を教えていた。

 そんな状況だったので、部屋でどんな怪奇現象が起きようと、そうそう住み替えなどできない。ようやくその奇妙な部屋を出る目処がたったのは、実家を出た約1年後のことだった。

 ──リーン、リーン。

 引っ越し先も決まったある日の夜、突然、部屋の電話が鳴った。番号を知っているのは職場の人間か、あるいは……。受話器を取ると、声の主は叔母だった。叔母は、姉である母親の様子がどうもおかしいと感じており、先ほど家を訪ねたという。

そして母親が首をつっているのを発見したのだ。直後なのか、わずかに脈を残しており、いましがた救急病院に搬送したのだという。恨みしかない存在だが、親は親……。彼女が呆然としていると、寝ていたはずの妹が起きてきた。

「なに、どうしたの?」

「あのね……、今お母ちゃんが首をつって病院にいるんだって……どうしよう」

「……行こう! いろいろあったけど、親子なんだしさ」

 妹の言葉に病院に向かう決意を固め、玄関に向かう扉をスッと開けた。

 その瞬間、目に飛び込んできたのは母親の姿。玄関の土間に、正座している。

「お母ちゃん……?」

 病院にいるはずの母親。その全身から黒い煙が上がっているように見え、思わず母を呼ぶ。すると突然、母親の首が大きく揺れ始めた。声はない。なのに、それでもたしかに母親の声が、聞こえてくる。

「なんで置いていった……なんでひとりにした……さみしいさみしいさみしい、うらんでやる、死んでやる、死んでやる……!! !」

 何かが鮮明に見えてくる。これは、母親が梁に縄をかけ、今まさに首をつろうとしている姿……。そのとき後ろで妹の声がした。

「お姉ちゃん、それ……お母ちゃん?」

 その瞬間。母親はフッと姿を消した。姉妹は呆然と立ち尽くす。そして再び電話が鳴り、電話口からは叔母の声……。

「いい、よく聞いてね。今、お母さんが息を引き取ったからね……」

 ──そして女性は、ポルターガイストだと思っていたものの正体を、うっすらと理解したという……。

【プロフィール】
西浦和也:怪異蒐集家、心霊ルポシリーズ『北野誠のおまえら行くな。』ほか心霊番組を企画プロデュース。突撃取材で禁忌にふれすぎ、生死をさまようこと数度。『帝都怪談』(TOブックス)『現代百物語』シリーズ(竹書房)ほか著書多数。

最終更新:8/18(木) 11:18

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。