ここから本文です

生霊にまつわる怖い話「夜中に部屋を這い回る小さな黒い物体の正体」

週刊女性PRIME 8/17(水) 12:00配信

 聞くだけで背筋が寒くなる怪談は、いまや夏の風物詩。暑さも吹き飛ぶ怖い話を怪談蒐集家の吉田遥軌さんに聞いた。

電話から聞こえてくる妻の声が……

 知り合いの男性は妻と2人暮らし。駅前で食材を買って帰るのが日課で、その夜もいつものように駅から妻に電話をした。だが、電話の調子がおかしい。妻の声の背後に“ゴォーーーッ”と大きな川の流れのような音がするのだ。なんの音かな……。そう思いつつ

「何を買っていこうか?」

 と尋ねると

「う……ん、そう……ね」

 と雑音の中、ぼやけた返事。普段の妻はハキハキと話すタイプなので、やっぱりどこかおかしい。

「ん? ねえ、外なの?」

「ううん……家……」

 確かに声は妻のもの。相変わらず背後では“ゴォーーーッ”と川の音がする。え、なんだ、コレ? 違和感に胸がざわつく。

「ねえ、もしかして何か俺に嘘ついてる?」

 と言った、その瞬間……

「ヒャーッ!!  ヒャッヒャッヒャッ!!」

 と甲高い大きな悲鳴のような笑い声が! 驚きでとっさに切った携帯を手に、家に走った。いまの、なんだ……!?  バタンとドアを開け、妻の姿を探すが誰もいない。そして居間には妻の携帯がポツンと……。

「ただいまー」

 直後、妻は帰宅した。ギクリと振り向きざま聞く。

「ねぇ今、俺と電話で話したよね?」

「え? 私、出かけてた。でも電話忘れちゃって!」

 どういうことだ? 焦って携帯を確認するが、そこには妻との通話履歴が表示されている。しかし、妻の携帯には彼からの着信の痕跡がなかった。彼が電話で話したのは一体……。

◆ ◆ ◆

 怪談には不条理なものが多く、とらえ方も人によってさまざま。電話の声は妻の生霊か。あるいは妻の「もうひとつの意識」とつながったか、「嘘ついてる?」という言葉にだけ反応したのはなぜか……。

夜中に部屋を這い回る小さな黒いネズミは……

 A子の話。A子が高1のとき、中学時代のクラスメートから電話がかかってきた。名乗られても、すぐには思い出せない程度の間柄。他愛もない世間話をした。一体、これはなんの電話だろう? 30分が過ぎて、A子は切り出してみた。

「ねぇ、何か私に言いたいことがあって電話したの?」

 少しの沈黙のあと、彼女は勢いよく話し始めた。

「うん、実は相談があってさ。家にネズミが出て、困ってるんだ。10日くらい前から、夜になると私の部屋に出る。はじめは隅のほうでササ、ササッて動いてる気配がしてた。でも最近は私のベッドにどんどん近づいてきてるみたいなの。イヤな感じ……。こんなとき、どうしたらいいと思う?」

 なぜそれを私に聞くのか。そう思いつつも

「『ねこいらず』とか、駆除剤を使ってみたら?」

 と答えた。すると相手は

「……殺していいの?」

 なぜか真剣に尋ねてくる。

「いや、かわいそうだけど。困っているなら仕方ないんじゃない?」

「……私もそう思ってね。『ねこいらず』、親に買ってきてもらったんだ。まだ使えてないんだけどさ。実は昨日の夜、また出たの。電気を消したとたん、私の足元に。だからその瞬間、電気をつけたの! 

 そしたら……それ、ネズミじゃなくて、アナタだったの。すごく小さくて、ドロだらけで、裸のA子ちゃん。……だから私さ、 ちゃんと確認してからにしようと思って。アレって本当に……殺しちゃっていいのかな?」

 パニックのあまり、A子は無言で電話を切った。その後、2度と電話がかかってくることもなかった。彼女がその後、どんな行動に出たのか。それはA子にはわからない。

◆ ◆ ◆

 生霊とは、本人が無自覚に飛ばしているもの。その小さな、ネズミのようなものがA子の生霊だった可能性はゼロではない。しかし記憶にもないような相手に生霊を飛ばすものか? はたまたその相手の言動がおかしいのか……。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 21:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。