ここから本文です

2016年新加入外国人通信簿、パ下位球団は失敗。セはリリーフと大物が活躍

ベースボールチャンネル 8/17(水) 6:50配信

カープVロードを支える2人の助っ人

 8月も中盤、両リーグのペナントレース争いもいよいよ大詰めを迎えようとしている。チームとしてはもちろん、基本的に1年契約の外国人選手たちにとっては来季の契約を勝ち取れるかが決まる大切な時期になる。今季の新加入外国人選手たちはここまでどのような活躍を見せているのだろうか。

 今シーズン特に目立つのが、リリーフ投手の活躍だ。セリーグでは、首位の広島を支えるジャクソン&ヘーゲンズのコンビを筆頭に、阪神の守護神を務めるマテオや火の車状態のヤクルト投手陣を支えるルーキらが剛球を武器に大きな戦力となっている。

 パリーグでは日本ハムのマーティンが、K/BB10.00と圧倒的な投球を見せ、6月途中に不振の増井からクローザーの座を奪取。来日1年目にしてオールスターにも選ばれた。ソフトバンクのスアレスもここまでリーグ2位の22ホールドとチームに欠かせない存在に。「あぶさん」の背番号90に恥じない活躍ぶりだ。

 リリーフ投手達が躍動しているのに対し、先発投手として目立つ活躍をしている選手は0。昨年はジョンソン(広島)、マイコラス(巨人)、ポレダ(巨人)の3投手が来日1年目ながら規定投球回数に到達したが、今季その可能性があるのは中日のジョーダンくらいだ。


 打者では、「MLB屈指の人格者」として知られたゴームズこそ、18試合の出場のみで退団してしまったが、その他の大物2選手は堅調。MLB通算122本塁打の巨人・ギャレットはここまでOPS.878。中日のビシエドも好不調の波こそ激しいが、本塁打と打点はチームトップ。早期復帰となれば25本塁打、80打点には手が届きそうだ。

 球団ごとに見ると目立つのが、パリーグ下位球団の補強失敗ぶり。上位3球団の5選手がいずれも戦力となっているのに対し、下位3球団は合計15選手を獲得しながら、一線級の成績を残している選手はいない。外国人補強の成否が順位に大きく表れている。既に3チームともクライマックスシリーズ進出の可能性は絶望的だが、8月に入り調子を上げているオリックスのモレル、途中加入のため出場試合数は少ないが3割を超える楽天のペゲーロの爆発に期待したい。

【今季新加入の助っ人成績一覧(育成選手は除く、成績は8月15日時点】
セリーグ

ジャクソン (広島) 52試合 4勝3敗   防御率1.49
ヘーゲンズ (広島) 45試合 5勝2敗   防御率2.38
デラバー (広島)    一軍登板なし
ルナ (広島)    57試合 打率.283 3本塁打 31打点
プライディ(広島)   一軍出場なし
ガブリエル (巨人)   一軍登板なし
ギャレット (巨人) 86試合 打率.278 19本塁打 51打点
クルーズ (巨人) 54試合 打率.245 8本塁打 29打点
アブレイユ (巨人)   一軍出場なし
ガルシア (巨人) 4試合 打率.000 0本塁打 0打点
ぺトリック (DeNA) 12試合 3勝1敗   防御率4.63
ザガースキー (DeNA) 25試合 3勝1敗   防御率6.08
ブロードウェイ (DeNA) 一軍登板なし
エリアン (DeNA)  56試合 打率.223 3本塁打 24打点
ロマック (DeNA)  28試合 打率.116 0本塁打 2打点
マテオ (阪神)   43試合 1勝3敗14S  防御率2.15
サターホワイト(阪神) 6試合 0勝0敗  防御率3.00
ドリス (阪神)   34試合 3勝3敗8S  防御率2.12
ヘイグ (阪神)   31試合 打率.231 2本塁打 11打点
ペレス (ヤクルト) 19試合 2勝2敗   防御率8.02
デイビーズ(ヤクルト)10試合 2勝3敗   防御率4.58
ルーキ (ヤクルト) 58試合 6勝4敗    防御率2.63
ジェフン(ヤクルト) 17試合 打率.225 0本塁打 2打点
ハイメ (中日)     一軍登板なし
セプティモ (中日) 1試合  0勝1敗   防御率5.40
ジョーダン (中日) 18試合 5勝5敗   防御率3.46
ビシエド (中日)  109試合 打率.272 21本塁打 66打点

パリーグ
スアレス (ソフトバンク) 42試合 1勝3敗 防御率2.45
バース (日本ハム) 25試合 5勝7敗   防御率3.77
マーティン (日本ハム) 46試合 2勝0敗16S 防御率1.24
スタンリッジ (ロッテ) 19試合 6勝5敗  防御率3.95
ナバーロ (ロッテ)   70試合 打率.224 10本塁打 41打点
ブリガム (楽天)    11試合 0勝3敗 防御率5.24
リズ (楽天)      5試合 0勝3敗  防御率6.94
ゴームズ (楽天)    18試合 打率.169 1本塁打 7打点
アマダー (楽天)    21試合 打率.206 2本塁打 5打点
ペゲーロ (楽天)    16試合 打率.315 1本塁打 4打点
ペレス (楽天)     6試合 打率.200 2本塁打 4打点
ミッシュ (オリックス) 3試合 0勝1敗  防御率8.44
コーディエ(オリックス)13試合 0勝2敗2S 防御率7.30
モレル (オリックス)  84試合 打率.255 8本塁打 38打点
ボグセビック(オリックス)52試合 打率.200 2本塁打 16打点
クラーク(オリックス) 11試合 打率.172 2本塁打 4打点
ポーリーノ (西武)   8試合 0勝6敗 防御率4.12
バンヘッケン (西武)  10試合 0勝4敗 防御率6.31
C.C.リー (西武) 18試合 0勝0敗 防御率6.48
ウルフ (西武)    一軍登板なし

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/17(水) 6:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。