ここから本文です

【姑にドン引き】病院に自家製野菜持ってくる? 困った出産見舞い

ファンファン福岡 8/17(水) 17:10配信

出産直後は、心身ともに疲労困憊のママ。入院中の出産見舞いは、そんなママを少しでも労わる物をいただけるものだと思っていたのですが・・・。義母からの出産見舞いに自家製野菜をもらって困ってしまった、私の体験談をご紹介します。

「どっちに似ているかな?」 義母からの記念すべき第一声。

経産婦の私。 確かに、1人目に比べたら、2人目の出産は楽でした。

しかし、中8年のブランク出産。 1人目を出産した20代の頃に比べ、年齢的にも体のダメージはハンパなく、久しぶりの授乳は乳首が切れて大参事。
それにプラスして、経産婦ならではの後陣痛は、体に響き渡るほどの凄まじい痛み・・・。 もはや、お見舞いすらもありがたく受け入れらる状況ではありませんでした。

入院中は、できるだけ休ませて欲しいのが本音でした。 でも、だからと言って、避けたくても避け難いのが、義理両親のお見舞い。
医師から処方してもらった鎮痛剤を飲んで、主人に相談し、早く帰ってもらうのを条件に受け入れることにしたのですが・・・これこそが、事件の始まりでした。

大きな百貨店の紙袋を抱え、病室に入ってきた義理両親。

義母は一言も発することなく赤ちゃんへ一直線に向かいます。

「え?」
内心戸惑いつつも、そこは大人の私。 「孫は気になるよね、うんうん。」と静かに見守っていたのですが・・・

「どっちに似ているかな?」
と、義母からの記念すべき第一声。

「ハイ?」

えっと・・・ まだ、目も開いてない赤ちゃんですよ? どっちに似ているかなんて、生まれたばかりのおさるさんみたいな顔で判断できるわけがないし。

産後のお見舞いといえば、お祝いだけではなく、ねぎらいの言葉もいただけると思っていた私は、茫然。

依然「出産、おめでとう!」「大変だったでしょ?体の方は大丈夫?!」などの言葉は聞こえてきません。

私の具合いが良くないことを主人から聞いて知っているはずの、義母。
出産経験があるなら、同じ女性として産後の辛さは分かっているはず。 だからこそ、産後の労わりや配慮はあって当然だと思っていたのですが・・・完全に、私が甘かった。

すぐにでもお見舞いを置いて帰ってもらおうと適当に受け答えをしていた、その時。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 17:41

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。