ここから本文です

「地域交流行事」の一環として5年前から実施――公立中学生が米軍「訓練」に参加

週刊金曜日 8/17(水) 10:47配信

 東京都武蔵村山市の公立中学校の生徒がこのほど、横田基地の米空軍が指導する「ミニ・ブートキャンプ」と称した新兵訓練の一環の行事に参加していたことが判明し、問題になっている。

 この行事に参加したのは、市立第五中学校の3年の生徒33人。横田基地の日本語のHPによると、米軍第374医療支援群のメンバーが7月2日、米兵の新兵訓練で実施した「障害物競走コース」に参加した。

 さらにHPによると「生徒たちに(軍隊の)整列の動作、マーチング、障害物コースの進み方等を教えた」とされ、軍事訓練そのものである実態が示されている。そのほか、「生徒たちと交流できたことは有意義な経験だった」とする軍側の責任者のコメントが引用されるとともに、「生徒達はアメリカ空軍の一部を垣間見、知る機会を得た」と結んでいる。軍隊式の敬礼をしたり、顔に迷彩色を塗り、地面をほふく前進訓練する生徒の写真も掲載されている。

 武蔵村山市教育委員会によると、今回の参加は同中学校の主催で、「地域交流行事」参加の一環とされ、こうした「交流」は、5年前から実施しているという。また、今回の参加について、「内容自体は特に問題はない」と語っている。

 20日には、東京都教組北多摩西支部の組合員や共産党の都議、武蔵村山市議らが同教育委員会と会見。席上、教育委員会側は、「米軍の軍事訓練に生徒を参加させるのは問題だ」との指摘に対し、「あくまで(米兵との)交流を目的にした内容」だとして、軍事訓練という認識は持っていないと述べた。

 だが横田基地は、アフガニスタン・イラク両戦争で米本土と戦場との輸送中継機能を発揮した。さらに同基地から医療や整備関連の兵士も派兵されており、こうした侵略拠点の基地との「交流」が「教育」と何の関係があるのか、第五中学校側は考えるべきだ。

(成澤宗男・編集部、7月29日号)

最終更新:8/17(水) 10:47

週刊金曜日

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊金曜日

株式会社 金曜日

12月2日号(1115号)
2016年12月2日発売

定価 580円(税込み)

■安倍政権と日本会議
●「占領憲法」批判と対米従属の奇妙な結合
●"憲法改正"の女子的論議
●「押し付けられた憲法」と"改正"望む人々

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。