ここから本文です

夏バテにもスーパーフード! チアシードを使った夏向けのレシピ2つ

OurAge 2016/8/17(水) 15:50配信

暑さによる体力消耗に加え、冷房で体調を崩す人も多いこの頃。
「そんな、さまざまな夏のダメージを回復するには、やはり食事が大切。『何をどうとったらよいの?』という方におすすめしたいのが栄養豊富なスーパーフード。朝は食欲がなく、何もとらずに出かけてしまうことが多い…という方には、朝食としてもおすすめです」とは、料理研究家の山田玲子さん。簡単にできて美味しい、チアシードを使った夏向きのレシピを教えてもらった。

「1品目は米麹甘酒を使ったレシピ。米麹から作られる甘酒はアルコール分を含まず、栄養豊富。『飲む点滴』といわれているくらい、夏の疲労回復におすすめです。というのも、疲れたときに飲む栄養剤とほぼ同じ栄養素が入っており、たっぷりと含まれているブドウ糖が疲労回復を強力にサポートしてくれるからです」

そこに、最近人気のスーパーフード、「チアシード」を加えたのが「甘酒チアシード」。チアシードも栄養豊富なうえ、水分を含むと膨れ、少量でも満腹感得られるということでダイエット食としても人気だとか。

「甘酒に大さじ1杯ほどのチアシードを入れて、30分くらい放置。すると、チアシードが甘酒の水分を吸収して膨らみゼリー状に。まるで、甘酒ヨーグルトといった雰囲気です。口当たりもよくて食べやすく、腹持ちもよいので朝食にぴったりですよ」

もう一品は「チアシードはちみつクリームチーズ」。
「はちみつの糖分は、ブドウ糖と果糖。どちらも『単糖類』と呼ばれ、これ以上分解される必要がありません。だから、体に入るとすばやく吸収されてエネルギーに変換され、素早い疲労回復につながると言われています」

水に30分程度漬けておいたチアシードにはちみつを混ぜ、レモン汁を加える。これと室温で柔らかくしたクリームチーズを混ぜ合わせば完成だ。

「スーパーフードを味方につけて、元気に夏を乗り切ってくださいね」

最終更新:2016/8/17(水) 15:50

OurAge