ここから本文です

卓球男子団体で決勝進出の日本、王者中国と激突

THE ANSWER 8/17(水) 20:40配信

銀メダル以上が確定

 リオデジャネイロ五輪の卓球男子団体で準決勝を突破した日本は海外でも注目を浴びている。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人イケメンアスリート

 日本はドイツの準決勝で3-1と勝利し、銀メダル以上が確定。米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」電子版でも試合当日のダイジェストでレポートしており、倒れこみながら渾身のガッツポーズを見せた水谷準(ビーコン・ラボ)の写真を掲載。「ジュン・ミズタニは、ドイツのバスティアン・シュテーガー戦で、初めて日本男子団体のメダルを確保する勝利を挙げて祝った」と伝えている。

 また国際卓球連盟の公式サイトでも「日本はリベンジを果たし、シードで優位のチームをひっくり返した」との見出しでレポート。男子の試合前に同じくドイツ相手に接戦を繰り広げながらも敗北した日本女子(福原愛、石川佳純、伊藤美誠)の雪辱を果たしたとしている。

 勝利の原動力として評価されているのは、日本のエース・水谷だ。ティモ・ボルを11-9、11-5、12-10で破ったこと、シュテーガーもストレートで下したことなどをレポートされている。決勝戦は日本時間18日午前7時半開始予定。相手は3連覇を狙う中国。水谷、丹羽孝希(明大)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)の3人は王者の牙城を崩して頂点へと駆け上がれるだろうか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/17(水) 20:40

THE ANSWER

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。