ここから本文です

バルサ、退団迫るGKブラーボ代役として…バレンシア守護神の獲得を検討か?

フットボールチャンネル 8/17(水) 7:10配信

 退団の噂が浮上しているチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの代役として、バレンシアに所属する31歳のブラジル代表GKジエゴ・アウベスの獲得をバルセロナが検討しているようだ。16日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 GKブラーボは昨季リーグ戦32試合に出場しバルセロナのリーグ優勝に貢献した正守護神だ。今季もすでにスーペルコパ1stレグのセビージャ戦で出場を果たしている。その同選手を元バルセロナ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが獲得を狙っており移籍が近づいていると報じられていた。

 同紙によると、GKブラーボを放出した場合の代役としてバルセロナはGKアウベスの獲得を検討しているとのこと。GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが正守護神に繰り上がると見られていたが、バルセロナは他の選手を正守護神に迎え入れたいようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/17(水) 7:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。