ここから本文です

NASAを支えた黒人女性たちを描く、映画『Hidden Figures』予告編

WIRED.jp 8/17(水) 11:00配信

キャサリン・ジョンソンがのちにNASAとなる組織のために計算をしていたころ、彼女の肩書きは「コンピューター」だった。1953年のことである。彼女は1962年まで大量の計算を行っていた。ジョン・グレンが地球を周回した最初のアメリカ人になることができたのは、彼女の計算のおかげだろう。

【予告編を見る】映画『Hidden Figures』の予告編動画

もしあなたがキャサリン・ジョンソンの名を耳にしたことがあるのであれば、それは彼女が、2015年に米大統領自由勲章を受賞したからだろう。翌年、ジョンソンはさらに人々から認知されることになる。ドラマ「Empire/エンパイア 成功の代償」のタラジ・P・ヘンソンが、彼女のNASAでの仕事を映画化した作品でジョンソンを演じることになったのだ。

映画『Hidden Figures』で描かれるのは、彼女1人ではない。宇宙開発競争の期間中、NASAでジョンソンと仕事をしていた2人のアフリカ系アメリカ人の女性、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)とメアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)のキャリアも描かれる。

すでに自分好みの映画のように思うのであれば、リオ五輪中に公開された冒頭のトレーラーを見てほしい。また、ヘンソンとスペンサー、モネイに加え、映画では1960年代のNASAの科学者に扮したケヴィン・コスナー、そして、ドラマ「スクリーム・クイーンズ」で知られるグレン・パウエルがキャスティングされている。彼はこの映画でジョン・グレンを演じている。

セオドア・メルフィ監督がメガホンを取る『Hidden Figures』は、2017年1月13日公開予定(米国)。

ANGELA WATERCUTTER

最終更新:8/17(水) 11:00

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。