ここから本文です

歴史に思いを馳せる山旅『塩の道』

Wedge 8/17(水) 12:30配信

私の旅の楽しみ方

 私の趣味、生活の一部になっているものに登山があります。登山というと多くの方の目的が「登頂」だと思うのですが私の場合はちょっと違います。登山は手段であり目的は旅にあります。

 「旅」という言葉の語源は諸説あるようですが、古くは住居を離れることを「たび」といったようです。今では交通手段も発達していますから、距離感も変わってきたのでしょう。「旅」というと『住む土地を遠く離れて過ごすこと』と考えるのが一般的になりました。

 私にとっての旅は電車に乗り込み、数時間揺られてふと窓越しに普段みかけない景色を臨んだその時から始まります。外に広がる田園風景、遠くにそびえる山々…。何故このような場所に町が出来たのか?ここに住む人々はどのように過ごしているのか?書物やテレビやインターネットで得た知識を引っ張り出し想像しては楽しむのです。

塩の道との出会い

 それは2年前の夏休み。連休を使って私は飯豊山へ向かいました。「いいでやま」と読むこの山域は別名「東北アルプス」と呼ばれ、標高こそ北アルプスには劣りますが、雲上に広がる花々の美しさに魅了され毎年この山に向かう方が多いと聞きます。

 登山口から1時間あまり経った時でしょうか。登山道を歩いているとふとした拍子に突然横から人が現れたのです。思わず「わっ」と声をあげた私に呼応するかのように、先方も「うわっ」と声をあげました。

 私はその時、「あれ?僕は登山道を間違って歩いているのかな?」と思い「すみません」と謝りました。するとその方は「突然現れた私の方が悪かった」というような事を言い頭を下げていました。どこから来たのか問うと、町から来たといいます。どこまで行くのか問うと町まで行くといいます。私は頭がこんがらがり「何の道ですか?」と聞くと「塩の道」と答えるのでした。

塩の道の面白さ

 それからの私ははじめて聞くこの「塩の道」に興味津々になり、書物を読み、インターネットで調べ知識を深めたのです。

 「塩の道」とはその名の通り「塩を運ぶために利用された道」です。塩はどこで作られるでしょうか?工場ではありません。その昔は海で作られていました。厳密に言えば海の近くでその周辺に住む人々が作っていたわけです。

 ではどのように作るのでしょうか?これは非常に深いお話になるので省きますが、多くは海水を煮詰めて作られます。そうすると必要になるのは火であり、薪が必要になるわけです。

 逆に山に住む人々は生きるために塩が必要になります。こういった事情によって海の人々と山の人々との交流が生まれ、その為に使われたのが「塩の道」というわけです。

 このような歴史を踏まえると「塩の道」というのは非常に古くから使われていた道であることが想像できると思います。明治38年の専売制によって人々が安心して塩を得られるようになったことを引き金に塩の道が様相を変えていったのも事実のようです。それは多くの人々の往来にも耐えられるように道幅が広くなり街道と呼ばれるようになり、車の行き来が必要になれば整地され、コンクリートで固められ車道と呼ばれるようになり、今我々が身近に見ている「道」に変化をしていったのだと思われます。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 12:30

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。