ここから本文です

料理家・冷水希三子さんの島レシピ 「新鮮な島食材を手に入れて料理をする」 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 8/17(水) 17:00配信

奄美で愛される貝・トビンニャが主役!
「島野菜とトビンニャの和え物」

<材料>
トビンニャ、夜光貝、そら豆、ゴーヤ、ニンニクの葉、島らっきょう、海ぶどう、ナンプラー、奄美塩、きび酢、ごま油

<作り方>
1. 奄美で愛される貝・トビンニャはツメが出るまで、夜光貝、そら豆もそれぞれ好みの固さに茹でる。
2. 島野菜(ゴーヤ、ニンニクの葉、島らっきょう)をスライスし、一緒にナンプラー、奄美塩、きび酢ごま油で和える。
3. 茹でたトビンニャと夜光貝の中味を取り出したら、1と海ぶどうを2の中に加えて皿に和えれば完成。

塩豚とアオサのスープが奇跡のコラボ!?
「塩豚と落花生の炊き込みご飯」

<材料>
塩豚、A(白米、水、黒糖焼酎、昆布、落花生)、カツオ
昆布出汁、アオサ、生姜。

<作り方>
1. Aを鍋に入れ30分寝かせる。
2. 塩抜きした奄美名物の塩豚のブロックを落花生とともに1に入れ沸くまで強火、沸いたら弱火で12~13分炊き、火を消して10分蒸らす。
3. カツオと昆布で出汁をとった後、アオサを加え奄美塩で味を調え、生姜すりおろしを加えスープを作る。炊き込みご飯に、途中からスープをかけていただくのがオススメ。

島の食材はこぶりながら、味がしっかりしたものが多い!

島らっきょうには脳卒中や心筋梗塞を防ぐ力があるそう。

トビンニャはビールのつまみとして奄美で大人気の貝。

新鮮なそら豆。

冷水希三子さんが島食材を買った地元店はココ!

新鮮な島野菜や調味料を買うなら地元スーパーは外せない!
食鮮市場@やっちゃば

島らっきょう、アオサ、そら豆など奄美で作られた野菜や、島バナナなどのフルーツ、エラブチアラ、テゴサといった珍しい海産物まで豊富な品揃えが自慢のスーパー。「加計呂麻の塩」や「きび酢」「ピーナツみそ」など奄美ならではの調味料や加工品もたくさん。



● 食鮮市場@やっちゃば
鹿児島県奄美市名瀬金久町 9-2

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 17:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。