ここから本文です

『PSO2』ファンイベで“ラスボス”小林幸子が生歌唱!! 新情報も大量解禁の「アークスフェスティバル2016」

おたぽる 8/17(水) 13:00配信

 株式会社セガゲームスコンシューマ・オンラインカンパニーが開発・運営している構内最大級のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2(以下、 PSO2)』 のファンイベント「アークスフェスティバル2016」が13日、有明コロシアムにて開催された。

『PSO2』は12年7月のサービス開始以来、PC、PS Vita、PS4、スマートフォンアプリなどの様々なデバイスで展開され、自分だけのキャラクターを作り、惑星間航行船団の調査隊「アークス」の一員となって宇宙の様々な惑星を冒険するといった人気オンラインゲーム。『PSO2』のアイドルのライブやユーザー参加型のダンスライブが開かれる“バーチャルライブ”はプレイヤーからも人気が高く、「地球親善大使」というキャラクターに扮して大物歌手の小林幸子が、“ラスボス”としてゲーム内に登場、交流の深いビートまりおが手掛けたオリジナル曲「ヨーコソ・アークス」を歌うことでも話題となった。

 そして、本イベントで、ついに小林がキャラそのままの衣装で登場し、ライブを実施した。「ヨーコソ・アークス」と「千本桜」の2曲を披露した小林はトークショーで、「ものすごい熱気で、(お客様の踊りの)振付も統一されててすごかったです。本当に皆様にお会いできるのを楽しみにしてました」とコメント。さらに自身のオフィシャルブログ「Sachiko Diary」でも、「初めて生披露するのに、皆さんの掛け声やサイリウムのパフォーマンスがピッタリ合っていて、ビックリしました」と当日を振り返っており、ビートまりおも、「歌が始まったら、場内の空気が1~2度上がった!」と語るほど、大盛り上がりのライブとなった。

 イベントではさらに、コスプレ&クラフトコンテストや、パパイヤ鈴木が振付したダンスを来場者と一緒に踊る「リアルアークスダンスフェス」、開発陣やゲストで行う「エキシビジョンマッチ」、縁日コーナーを含む多数のアトラクションなど、盛り沢山の内容を展開。

 さらには、現在行なわれている『ゴジラ』とのコラボイベントの続報や、9月に行なわれるアップデート「『銀翼と黄金の都』Part3」、9月下旬にアップデートが予定されている「『銀翼と黄金の都』Part4」など、今後のアップデート情報が次々明らかになったほか、今月20日には、DFガールズ実況生放送番組の最終回として、29時間の生放送スペシャル「『PSO2』夏休みだよ!29時間ぶっ続け生放送SP ~DFG&広報隊-NTとゆかいな仲間たち~」を放送することも決定!

 これから秋にかけてファンにはたまらないイベントが目白押しの『PSO2』から今後も目が離せない。

『ファンタシースターオンライン2』公式サイト
http://pso2.jp/

最終更新:8/17(水) 13:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。