ここから本文です

『ギガカップヌードル』に至る日清カップヌードルオリジナルパッケージの歴史

@DIME 8/17(水) 12:10配信

今回取り上げるのソフトバンクの『ギガカップヌードル』(日清食品製造)。2月に『ギガどーん兵衛』を取り上げたことがあるが、たったの半年でまたカップ麺キャンペーンが始まった。

ソフトバンクのサイトにはこう書かれている。

「中身は通常のカップヌードルです。」

そう、中身はいつものカップヌードルと同じ。でも、パッケージが違う。なのでコレクターとしては入手しないわけにはいかない。ソフトバンクのキャンペーン商品はカップの外観だけではなく、フタの裏側にもオリジナルのデザインが施されていたりするのでやはり入手して確認せざるを得ない。

どーん兵衛のときは子犬のギガとお父さん犬が対等の扱いであったが、今回のものでは完全にギガが主役になっている。

カップヌードルにはいろいろと味のバリエーションがあり、天そばから始まり、カレー・チリトマト・シーフードなど定番となったものもある。それに対してこのキャンペーンのものはスープもかやくも通常のカップヌードルと同じである。

だが、カップヌードルの歴史を振り返ると中身はいつものやつと同じでカップのデザインだけオリジナルという商品がたくさん存在した。今回はそういったパッケージデザインだけ違ったものを見ていきたい。

◆カップヌードル錦織圭バージョン(2014・2015年)

テニス全米オープンで決勝に進出するなど活躍が著しい錦織圭。ご存知の方も多いかもしれないが、実は日清食品は彼のスポンサーなのだ。そのためカップヌードルのCMにも起用されている。CGなのかどうか論議を呼んだ木刀でテニスボールを打ち返すCMで、ボールを打つ場面はCGではなくて実際に本人が打っている。さすが世界の錦織。

◆カップヌードルAKB48バージョン(2013年)
AKB48のふ~ふ~ムービー付き

専用サイトにアクセスしてフタ裏に記載されたシリアルナンバーを入力すると、選んだメンバーのオリジナル動画が見られた。自分はゆいはんとみおりんをチョイスした。ただ、ちょっと残念なのは、ムービーの長さが1分間しかないのだ。やはりここは3分間にしてほしかった。

◆カップヌードルの秘密〔スケルトン〕(1999年)

世界初のカップ麺であるカップヌードルはお湯をかけて麺が自然に戻るようにカップ内で麺が浮いている(中空構造)。この構造を説明するために発売されたのがこちら。前年に発売されたiMacによるスケルトンブームも影響を与えていたようだ。

◆カップヌードルミュージアム開館記念(2011年)

日清食品創業の地である大阪府池田市には1999年からインスタントラーメン発明記念館が存在したのだが、大消費地である関東にも同様の施設があるといい、ということで2011年に同館がオープンした。それを記念した商品。

◆安藤百福生誕百年(2010年)

1910年生まれで96歳までの長寿であった日清食品創業者安藤百福の生誕100周年を記念した商品。カップヌードル発売当時の価格100円で販売された。当時の希望小売価格は170円。

◆カップヌードルGLAY EXPO(2001年)
GLAY特製ステッカー入り

今回取り上げたもののうち、これ以外のものはオリジナルカップヌードルのデザインを生かしたものとなっているが、こちらだけはオリジナリティーの高いデザインを採用している。

◆カップヌードル×GUNPLA(2009年)

1/380スケールのミニガンプラがフタの上についていた。ガンプラの種類は「ガンダム」、「シャア専用ザク2」、「量産型ザク2」、「ドム」の全4種類。

ほかにもこんなやつがありました。

◆発売○○周年記念商品

◆カップヌードルバースデー商品

◆製造数大台超え記念

◆リフィル

◆Jカップヌードル

◆ジュラシックパーク

◆ドラえもん

<この商品が好きな人にはこんな一品もオススメ!>

●日清食品『マイカップヌードルファクトリー』

池田市の記念館と横浜市のミュージアムにてオリジナルのカップヌードルを作ることができる。スープ4種、具材12種からチョイス可能。

●WIZ『熱闘3分カップヌードルゲーム』

カップに麺や具のピースを3分以内に収められるかどうかを競うゲーム。シーフード・カレーバージョンもあり。

【追記】
カップヌードルでは他社に先駆けてカップフタのベロを正面ロゴの上に配置するような製造技術を導入してきた。

ところがギガカップヌードルではなぜかカップとフタの位置合わせがされてない。

同じラインで製造しているのなら通常のカップヌードルと同様になってしかるべきなのだが。もしかしてギガカップヌードルだけは内職でフタを貼り付けているのだろうか。

文/大山即席斎

@DIME編集部

最終更新:8/17(水) 12:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

Yahoo!ニュースからのお知らせ