ここから本文です

レアル期待の20歳アセンシオ、亡き母に活躍を誓う涙の入団会見

フットボールチャンネル 8/17(水) 7:50配信

 レアル・マドリー期待のMF、20歳のマルコ・アセンシオが入団会見を行った。会見中には亡き母を想い涙ぐむ場面もあった。16日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 エスパニョールからマドリーにレンタル復帰した今季、プレーシーズンを通じ安定したパフォーマンスを見せ、ついに正式に残留が決まった。背番号も20に決まり、自らの居場所を勝ち取ったアセンシオは、改めて入団発表と会見を行った。

 スペイン人の父とオランダ人の母を持つ20歳は「この場に立てて興奮している。このユニフォームのために一生懸命に努力したい」と述べ、「父、兄弟、そして母に感謝している、、、」と語ると涙をこらえきれなかった。(アセンシオは2011年に母親をガンで亡くしている)

 ジネディーヌ・ジダン監督について、「練習でアピールし、プレー機会を得なければならないと言われた。チャンスを得たら、ベストを尽くしたい」と述べ、「監督は常に私を信頼してくれた。私が残留することを望んでくれたし、それが妥当だと言ってくれた。私自身もここに残りたかった」と会話していたことを語った。

 先のUEFAスーパーカップではゴールも決め、勝利に貢献した20歳は「スーパーカップはゴールも決めたし忘れがたい。今は、プレー機会を作れるように練習する」と述べる。5月にはスペインフル代表デビューも飾ったアセンシオ。マドリー攻撃陣にまた一人頼もしい顔ぶれが加わった。

フットボールチャンネル

最終更新:8/17(水) 8:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。