ここから本文です

『バイオハザード:ザ・ファイナル』、新場面写真でミラ・ジョヴォヴィッチが荒廃した街にたたずむ

リアルサウンド 8/17(水) 10:00配信

 12月23日に日本で世界最速公開される『バイオハザード:ザ・ファイナル』より、場面写真が公開された。

 本作は、日本発の人気ゲームシリーズ『バイオハザード』の実写映画シリーズ第6弾にして最終作。人類最後の希望となった唯一の生存者アリスと、世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社とのファイナル・バトルの行方を描く。前作から引き続き、ポール・W・S・アンダーソン監督がメガホンを取り、ヒロイン・アリス役をミラ・ジョヴォヴィッチが演じる。『バイオハザードIII』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じたアリ・ラーターが再び出演するほか、モデル・タレントのローラが女戦士コバルト役としてハリウッドデビューを果たしている。

 このたび公開された場面写真ではジャケットの左肩部分が破け、右のほほに傷を負ったアリスが荒廃した街にたたずむ姿と、ラーター演じるクレア、まだ役どころが明かされていないルビー・ローズ、傷だらけのアリスの3人が何かを見ている模様が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/17(水) 10:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。