ここから本文です

無念のチーム最低評価! リオ五輪不参加のヤングボーイズ久保がCLプレーオフ、ボルシアMG戦で不発

Football ZONE web 8/17(水) 11:32配信

ホーム初戦で1-3負け… CLが遠ざかる

 ヤングボーイズのU-23日本代表FW久保裕也は16日(日本時間17日)にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場をかけたボルシアMG(ドイツ)とのプレーオフ第1戦に先発出場したが、得点には絡めずに後半28分にベンチへ下がった。ヤングボーイズはホームで1-3と敗れ、本戦出場が厳しい状況となった。久保は地元メディアからチームワーストタイという厳しい評価を下されている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 久保は今月開幕したリオデジャネイロ五輪のメンバーに招集されていたが、FW陣の故障続出というチーム事情から出場が叶わずにヤングボーイズの一員としてシーズンをスタートさせていた。3日のCL予備予選3回戦のシャフタール・ドネツク戦では2得点を決めてCLプレーオフ進出に導き、さらに13日のスイスカップ1回戦のフェルトハイム戦でも1得点1アシストを記録。リオ五輪に参加できなかった無念を晴らすかのような目覚ましい活躍が続いていた。

 しかし、CLが懸かったボルシアMG戦は不発に終わった。スイス地元紙「ベルナー・ツァイトング」は採点を行い、久保は「不十分」という評価基準に相当する3点という辛口の採点となり、オウンゴールを記録したDFアラン・ロシャと並ぶチーム最低評価となった。

「デュエルでは何度も跳ね返された」

 「今日は日本人の日ではなかった。デュエルではボルシアMGの屈強なDFの前に何度も跳ね返された」とシャットアウトされた久保への寸評も厳しいものだった。相手DFとの一対一でことごとく敗れたと分析されている。

 チームは敗戦したもののMFヨリッチ・ラベにチームトップの5.5点が与えられた他、一時、同点となるゴールを決めたFWミラレム・スレイマニら3人が4.5点。久保と前線でコンビを組んだ元フランス代表FWギョーム・オアロら3人にも平均的な4点が与えられるなど、昨季ブンデスリーガ4位の格上のボルシアMG相手の敗戦とあって、チーム全体としてはまずまずの評価が与えられている。

 アウェイゴールの影響によってヤングボーイズは第2戦で最低でも3得点を取る必要がある。第1戦で沈黙した久保は地元紙から低評価を受けたが、敵地で再びチームを救う貴重なゴールを決めることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/17(水) 12:14

Football ZONE web