ここから本文です

本田、長友にダブルの屈辱…  イタリア地元紙が今季開幕戦でハリルJ主軸の先発落ちを予想

Football ZONE web 8/17(水) 13:10配信

モンテッラ、デブール両新監督の評価を掴めず

 イタリアでプレーするACミランの日本代表FW本田圭佑とインテルの同DF長友佑都は今季苦難のセリエA開幕になりそうだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は今週末に控えたリーグ開幕を前に全チームの予想スタメンを発表したが、日本代表の主軸コンビはスタメン落ちの屈辱と分析されている。

【写真一覧】伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 本田は6月の日本代表活動中の負傷の影響でプレシーズン序盤は別メニュー調整が続いた。そして、右ウイングのポジション争いで、1月の移籍市場で期限付き移籍したジェノアで半年間で6ゴールの結果を残してミランに復帰したFWスソの後塵を拝する格好となった。11日のTIMトロフィーと14日のフライブルクとの親善試合ではスタメン出場したが、昨年リーグ戦1得点3アシストの背番号10はその評価を逆転させるには至らなかったようだ。

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督の率いるミランは21日の本拠地トリノ戦で4-3-3システムが予想されている。昨季のメンバーからの変更点はセンターバックのグスタボ・ゴメスとジェノアから復帰のスソによる2人のみ。中国企業グループに株式99パーセント以上を売却して“チャイナ・ミラン”として再出発したものの、これまでの移籍市場では効果的な補強ができずに苦戦している。リーグ開幕後も8月いっぱいまで続く移籍市場の最終盤での駆け込み補強次第では、さらに陣容が変化する可能性が残っている。

 一方の長友も、所属するインテルが開幕まで2週間を切った8日にロベルト・マンチーニ監督が事実上の解任とされる契約解除でチームを去る緊急事態に見舞われた。その後、オランダの名門アヤックスを指揮したフランク・デブール新監督が就任したが、21日の敵地キエーボ戦で予想された4-2-3-1システムのスタメンに長友の名前はなかった。右サイドバックは新加入のクリスティアン・アンサルディが務め、左サイドバックはダニーロ・ダンブロージオか、新加入のトルコ代表DFジャネル・エルキンが務めると予想されている。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 13:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。