ここから本文です

終戦の日、静かに英霊たちに不戦の誓いを捧ぐ --- おときた 駿

アゴラ 8/17(水) 16:36配信

こんにちは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

昨日は終戦の日。この日に靖国参拝へと足を運ぶのは、高校時代に友人とスタートした時から私の習慣となっています。このあたり詳しくは、実は小林よしのり氏に多大な影響を受けているという謎のカミングアウトも行なった過去記事などをご参照くださいませ…。

「僕たちの世代と“戦争論”(http://otokitashun.com/blog/daily/1397/)」

今日は出勤前の8時台に参拝したのですが、「靖国神社に参拝する全国地方議員の会」の皆さまが集まっていて、見知った方々と何名かご挨拶をさせていただきまして。

こちらの会には毎年お誘いをいただいているものの、私は会とは無関係に単独参拝を続けています。

議員が大勢で足並みを揃えてフォーマルな形で参拝する、これも大変意義のあることだと思います。彼らの活動を否定する考えはまったくありません。

なので、これは単に私のこだわりというか、想いなのですが。。

地方議員といえど、政治家が集団で靖国神社に参拝するとなれば、どうしてもそこには「政治的な意図」が生じてしまいます。自分の政治的立ち位置を明確にする、時の政権に右サイドからプレッシャーをかけるetc…。

私の場合は単純に、終戦の日くらいはそうした政治的な思惑から離れたい。はるか昔から続けている私「個人」としての参拝を行いたい。難しいことは考えずに英霊に祈りを捧げたい…。そんな風に思っています。

とはいえ、私とて「参拝した」という事実をSNSやブログで発信している限り、なんらかの思惑とまったく無関係というわけにはいかないでしょう。このあたりは、個人的なこだわりや程度問題といったところでしょうか。

いずれにせよ、慎ましく参拝したい思っている大勢の人たちの想いとは裏腹に、今日という日が1年でもっとも政治的意味合いの強い日になっているという事実は、少しばかり物悲しさを感じるものですね。。



そして靖国神社に参拝したと発信すると様々なご意見をいただきますが、私自身は過去の戦争を賛美したり、現在の日本を軍国主義化しようとする意図などはまったくなく、

「戦争は良くない。だからこそ、『その時代の正義』の犠牲になった先人たちにただただ感謝をし、二度と戦争が起こらないように祈りを捧げたい」

という想いで、毎年の参拝を続けていきます。終戦の日に参拝するのも良いですが、普通の日にふらっと足を運んで厳かな雰囲気を堪能し、遊就館で文化に触れて帰るというのもなかなかオツなものです。

今日参拝できなかったという方も、ぜひいずれの機会に足を運んでみてくださいませ。

それでは、また明日。


Twitterで発信した「終戦記念日」という表現には違和感を感じる方が多いようでしたので、ブログでは「終戦の日」で表記を統一いたしました。いやあ、難しい日だ…。

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 31歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

twitter(https://twitter.com/otokita)
Facebook(http://www.facebook.com/otokitashun)
LINE(http://line.me/ti/p/%40otokita_togi)

おときた 駿

最終更新:8/17(水) 16:36

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。