ここから本文です

スクリレックス&リック・ロスのタッグ曲などを使用 『スーサイド・スクワッド』特別映像公開へ

リアルサウンド 8/17(水) 12:01配信

 9月10日に公開される『スーサイド・スクワッド』より、サントラ入り特別映像が公開された。

 本作は、バットマンやスーパーマンらDCコミックスのヒーローたちによって投獄された悪党たちが活躍するアクション・エンターテインメント。世界崩壊の危機に服役中の悪党たちによって結成された特殊部隊“スーサイド・スクワッド”が、政府からの任務に挑む模様を描く。『フューリー』のデヴィッド・エアー監督がメガホンを取り、キャストには『メン・イン・ブラック』のウィル・スミス、『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レト、『ターザン:REBORN』のマーゴット・ロビー、『ロボコップ』のジョエル・キナマン、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のヴィオラ・デイヴィス、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のジェイ・コートニー、『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のカーラ・デルヴィーニュらが名を連ねる。

 このたび公開されたのは、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、スクリレックス、リック・ロスらが参加したサントラを使用した特別映像。映像は、トゥエンティ・ワン・パイロッツの新曲「ヒーサンズ」とともに、スーサイド・スクワッドの面々がバーで酒を飲み交わすシーンからスタートする。映像の中盤からは、スクリレックスとリック・ロスのタッグ曲「パープル・ランボルギーニ」にあわせてスーサイド・スクワッドのアクションが披露されていく。

 エアー監督は、「魅力的な音楽と映画が組み合わさることによって、映画そのものを別のレベルに上げてくれた。そんな魔法が起こっている。僕は音楽好きな人もがっかりさせないように曲を選んでいるよ」と、音楽の重要さに言及している。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/17(水) 12:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。