ここから本文です

セスク“禁断の移籍”にジダン監督NO! 「偉大な選手だが中盤にもう一人加えようとすれば…」

Football ZONE web 8/17(水) 19:45配信

チェルシーで低評価の司令塔に移籍話急浮上も獲得否定

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が去就問題の浮上しているスペイン代表MFセスク・ファブレガス獲得について「困難」と否定している。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

【写真特集】スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 セスクはアントニオ・コンテ新監督からの評価が低く、15日のプレミアリーグ第1節ウェストハム戦で屈辱のスタメン落ちとなった。セスクはかつてアーセナルの主将を務めたが、古巣バルセロナ復帰を経て、アーセナルの仇敵チェルシーに移籍。裏切り者を意味する「スネーク」の異名を取ってしまったが、今度はバルサの宿敵に移籍する可能性がスペインメディアで取りざたされていた。

 裏切りの星となるのではと噂されるセスクについて、ジダン監督は16日の記者会見で否定した。「もしも、チームにセントラルミッドフィルダーをもう一人加えようとすれば、事態は困難になる。セスクは偉大な選手だが、簡単ではない。3、4人の選手がメンバー外となるチームになってしまう。今のチームにもう一人加えるのは事態をややこしくさせるだけだ」

ハメスが序列7番手の豪華すぎる陣容

 指揮官はこう語った。昨季欧州チャンピオンズリーグ王者のレアルはすでに盤石の態勢を築いている。ウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの最強3トップ「BBC」の控えに、スペイン代表FWアルバロ・モラタをユベントスから買い戻した。また中盤ではコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが7番手になるほどの陣容となっている。

 ハメスには放出の動きが出ているが、もしハメスを放出したとしても、チームにはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカミゼーロの3枚が中盤に鎮座している。

 フロレンティーノ・ペレス会長のお気に入りとされるセスクだが、ジダン監督の拒否反応の強さから獲得はなさそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/17(水) 19:45

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ