ここから本文です

KANA-BOON、「堺親善アーティスト」就任 市役所内で就任式&トークセッション開催

リアルサウンド 8/17(水) 14:10配信

 KANA-BOONが、大阪・堺市の「堺親善アーティスト」に就任することが決定した。

 「堺親善アーティスト」は、堺市が若手アーティストの力で市の魅力を全国に発信していくことを目的に新設したもの。今回、KANA-BOONはその第1号に選ばれた。メンバーは堺市が出身地であり、2016年6月には、同市の国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)にて、堺市の政令指定都市移行10周年を記念したライブ『堺市政令指定都市移行10周年記念 堺活性化運動 ~KANA-BOONもしれっと10周年!古墳のような大きな人になりたい~』を開催した。

 なお、「堺親善アーティスト」就任式&トークセッションは、9月29日に堺市役所高層館21階展望ロビーにて行なう予定。同イベントは、市内在住・在勤・在学者を対象に、200名限定で一般公開するという。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/17(水) 14:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。