ここから本文です

レアル17歳神童FWにジダン監督“親心”の決断! レンヌへの武者修行で出場機会積ませる

Football ZONE web 8/17(水) 21:05配信

ノルウェー代表FWエデゴーがレンタル移籍とスペイン紙報じる

 レアル・マドリードのノルウェー代表の神童FWマーティン・エデゴーがフランス1部レンヌに期限付き移籍で武者修行に出ることが明らかになった。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【写真特集】スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 17歳の神童はバルセロナやリバプールなどの争奪戦の末、2シーズン前にレアルに加入した。だが、Bチームのカスティーリャでのプレーに留まっていた。ジネディーヌ・ジダン監督は天才少年をタレント揃いのトップチームでの起用に消極的で、今季も「彼はプレシーズンの間、トップチームに参加していた。彼には満足している。とにかく、8月31日までには何かが起こる。個人的にはレアルで出場機会を与えることは難しい。なぜなら多くの選手がいるからだ。これは私のアドバイスだ」と公言し、移籍を勧めていた。

 エデゴーはブンデスリーガとリバプールへの移籍を熱望していたが、フランス人のジダン監督は自らと関係の深いレンヌで経験を積ませることを決断した。

かつては稲本もプレーしたフランスの古豪

 カルロ・アンチェロッティ元監督は自著でフロレンティーノ・ペレス会長主導のマーケティング目的の補強だったことを暴露しているが、エデゴー自身は16歳でノルウェー代表のレギュラーとなり、圧倒的なテクニックを誇る欧州屈指の有望株であることは間違いない。

 クリスティアン・グルキュフ監督もフランス紙「レキップ」でエデゴー加入を歓迎しており、2009年に元日本代表MF稲本潤一もプレーしたフランスの古豪で神童は出場機会を手にすることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/17(水) 21:05

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。