ここから本文です

敏腕代理人ライオラ氏、今夏の儲けは56億円…ご褒美にアル・カポネ氏の別荘購入

フットボールチャンネル 8/17(水) 13:01配信

 敏腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏は、今夏だけですでに5000万ユーロ(約56億円)を儲けたようだ。16日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 マンチェスター・ユナイテッドへ史上最高額でポール・ポグバを移籍させたライオラ氏は、さらにヘンリク・ムヒタリアン、そしてズラタン・イブラヒモビッチのユナイテッド移籍を成立させている。この3ヶ月間で移籍金、手数料、契約金を合わせて約5億ユーロ(約561億円)を動かしたという。

 そして手数料だが、まずはポグバの取引でユベントスから2500万ユーロ(約28億円)、そしてユナイテッドからも1000万ユーロ(約11億円)を獲得(ここにはイブラヒモビッチをフリーで移籍させたボーナスも含まれていると考慮されている)。

 さらに、ムヒタリアンの取引でユナイテッドから800万ユーロ(約9億円)の手数料を手に入れると、それら3名の契約金の報酬としてさらに約700万ユーロ(約7億円)を儲けたと報じられている。

 その上、同じくクライアントであるオランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィールもフェネルバフチェへ移籍。そして、パリ・サンジェルマンのMFブレーズ・マテュイディやエバートンのFWロメル・ルカクなど、まだ移籍市場締切までの2週間で代理人を務める選手が移籍する可能性も残されている。

 そこでライオラ氏はそのご褒美にアメリカのギャング王、アル・カポネ氏がかつて800万ユーロ(約8億円)で購入したとされる別荘をマイアミで購入したようだ。8部屋に6つの浴室、そして3000平方メートルの庭が付いた大豪邸である。

 ビッグネームの移籍を成立させたことで大儲けをしたライオラ氏。しかしその儲けはさらに増えそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/17(水) 13:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)